【解決】バイクを自宅に置く場所がない!保管場所や駐車場探しはどうする?5つの方法と各相場・おすすめ駐車場を紹介

【解決】バイクを自宅に置く場所がない!保管場所や駐車場探しはどうする?5つの方法と各相場・おすすめ駐車場を紹介

バイクを自宅に置けない! 駐車場がなかなか見つからない! そもそも相場っていくら?

都心での一人暮らしやアパート・マンション暮らしなどでは、バイクが置ける駐車場がなくて困る場合がありますよね

そんなお悩みを解決するために、バイク駐車の選択肢5つと各相場を紹介します

ふるけん
ふるけん

僕も実際に、東京都心で駐車場を探していた時にとても苦労しました。その経験をもとに、世の中のライダーの駐車場探しが少しでもラクになるようにと思って、ノウハウをまとめてみました。

駐車場探しが簡単にできるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

自宅にバイクの保管場所がないのは問題?…いいえ、大丈夫です!

このページに来られたあなたは、おそらく次のようなお悩みを持っているのではないでしょうか。

「自宅にバイクを置く場所がないために、バイクを買おうかどうか迷っている…」
「すでに持っているバイクの保管場所を変えようとしてるんだけど、次はどうしようか…」

そうです、「バイクどこ置くか」問題です。都心に住みながらバイクに乗っている人にとっては、避けられない問題ですよね。

ふるけん
ふるけん

実際、僕もいま乗っているバイクを買う時は、自宅に駐車場がなくて相当悩みました。

「自宅に保管場所がないのに、お金のかかる大型バイクなんて買っていいのかな…?」と連日悩みながらも、最終的には購入に踏み切ることにしました。

というのも、最初は不安だったのですが、いろいろと調べているうちに、自宅にバイクの保管場所がないことは大した問題ではない! ということに気づいたからです

この記事では、その時に調査してわかったことを「バイクの保管場所や駐車場探しの5つの選択肢」にまとめたうえで紹介していきたいと思います。

また、自宅マンションに駐車場がない都内在住ライダーの実体験をもとにした、おすすめの保管場所・駐車場も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

バイク保管場所・駐車場を5つの種類・選択肢まとめと各相場

ここでは、僕が実際に検討期間中に得た情報をもとに、都市部にお住まいの人が一般的にアクセス可能と思われるバイクの保管場所・駐車場を5つの選択肢としてまとめています

  1. 駅前等にある公営駐輪場
  2. 屋外バイク駐車場
  3. マンション等の屋内バイク駐車場
  4. バイク用コンテナ(バイクガレージ)
  5. 汎用コンテナ

それぞれの特徴や違いなどについては、次の図表に簡単にまとめてみましたので、ざっとチェックしてみてください。

公営駐輪場屋外駐車場屋内駐車場バイク用
コンテナ
汎用コンテナ
駐車料金
(月額)
2,000円~
3,000円程度
3,000円~
5,000円程度
5,000円~
7,000円程度
10,000円~
15,000円程度
8,000円~
30,000円程度
対象車
(排気量)
原付~125cc
限定が多い
無制限無制限無制限無制限
耐風雨×
防犯性××
※2021年の東京都23区エリアを参考に作成

それでは、これから一つずつ解説していきますね。

1.駅前等にある公営駐輪場にバイクを置き保管する

駅前などにある公営駐輪場は、自転車だけでなくバイクの駐輪も可能な場合があります。

ただ、原付バイクもしく125cc以下の小型車に限定している場合が多いので、排気量制限があるかどうかはチェックしましょう

公営駐輪場は、月額2,000円~3,000円程度と低料金で、5つの選択肢の中では最も安価に利用できるという点が魅力です。場所によっては屋根がついている場合もあり、その場合は雨風をしのぐこともできますね。

都道府県または市区町村が運営しているため、お住まいの自治体のWEBサイトから情報をチェックできます。駐輪場には利用に関する案内板があるので、自宅近辺であれば現場を直接チェックするのもよいですね。

デメリットは、競争倍率が非常に高いという点です。特に都内の公営駐輪場等に言えることですが、安価なために利用希望者が多く、予約順番待ちになっている場合が多いのです

ふるけん
ふるけん

実際に僕も、自宅近くの大型バイクOK・屋根付きの物件に問い合わせてみたところ、係の人に「ただいま40人の予約待ちですが、申し込みますか?」と言われました。当然、申込を辞退しました…

自転車ならまだしも、駐輪数の少ないバイクとなると、人口密集地帯にお住まいの人にとっては、この選択肢をとるのは難しいかもしれませんね。

また、屋外で多くの人が出入りできる場所なので、悪意あるいたずらや汚れ・傷などのトラブルも心配されます

参考までに、東京都品川区の公営駐輪場の料金体系について、以下に紹介しておきます。

屋根無
(1カ月)
屋根有
(1カ月)
地下機械式
(1カ月) 
当日利用
(1日)
自転車2,000円2,300円 2,500円150円
バイク3,300円3,500円なし250円
※2021年6月現在 品川区WEBサイトより

2.屋外バイク駐車場に置き保管する

屋外バイク駐車場は、バイク専用スペースを備えた屋根のない駐車場です。いわゆる青空駐車場ですね。

基本的に排気量制限はなく、スペースに収まればどんなバイクでも駐車可能です。

利用料金は、月額3,000円~5,000円程度と公営駐輪場よりは若干高くなりますが、まずまず安価です。ただ、屋根がないので雨風をしのぐことはできません。

車の月極駐車場に併設されている場合が多く、場所によっては自宅近くに見つけることができるかもしれません。

デメリットは、雨風がしのげない、防犯性が低くいたずら・盗難に遭いやすいという点です。

ふるけん
ふるけん

物件が自宅から常に目の届く範囲にある場合を除き、あまりおすすめできる選択肢とは言えません。

3.マンション等の屋内バイク駐車場に置き保管する

出典:your bike space

マンション等の屋内のバイク駐車場は、バイク専用スペースを備えた屋根のある駐車場です。もちろん、このマンション等とは自宅以外の他の集合住宅のことですよ。

5つの選択肢の中で、おすすめの保管場所です。

こんな感じで、屋根付きの半屋外空間のタイプも多いので、集合住宅の駐車場はおすすめですね。

通常、マンション等の集合住宅にあるバイク駐車場は、その居住者に向けて有料で用意されているものですが、必ずしも利用率100%になるわけではありません。

そこで、空いている枠を外部に公開して、利用者を募ろうというわけです。

利用料金は、月額5,000円~7,000円程度と、5つの選択肢の中では中間に位置します

ほとんどの場合、自転車駐輪場と併設され、数台だけバイクを停められるという形になっています。スペースに収まれば、排気量の制限は特にありません

大抵の集合住宅では、屋根つきで雨風をしのげるようになっています。また、監視カメラがついているのも一般的です

中には、鍵を持っていないと駐車場に入れないようになっていて、防犯性が非常に高い物件もあります

ふるけん
ふるけん

実を言うと僕自身、自分が住んでいないマンションのバイク駐車場を、屋根あり・鍵あり・地球ロック可の月額6,000円で利用させてもらっています。

このような有料物件を見つけることができる可能性が十分にある一方で、物件の探し方については少々コツが必要です

4.バイク用コンテナ(バイクガレージ)に置き保管する

出典:ランドピア

バイクコンテナ(バイクガレージ)は、バイクを保管するために設計されている専用コンテナのことです。

排気量の制限は特にありません。上の写真のように、個別収納スペースとなっていて、ヘルメットなどのバイク用品を置ける棚やフック等が標準装備されています

シャッターや扉など開閉タイプは様々ですが、鍵つきで防犯性は高いです。また、コンテナ自体に密閉されているため、台風も全く怖くありません。雨風をしのぐ力は最強クラスと言えるでしょう

利用料金は、10,000円~15,000円程度と高めです。基本的に、スペースの都合上収納できる車両は1台だけなので、1台あたりの費用は5つの選択肢の中では最も高いです

ふるけん
ふるけん

バイクガレージに入庫・出庫する姿は、周りから見ていてもかっこいいです。バイクに乗らない一般の人からも受けがよく、憧れの選択肢ですね。

バイク専用というだけあり、単なる駐車スペースにとどまらない利点を考えると、予算が許せばぜひ検討候補に入れたい選択肢ではないでしょうか。

5.汎用コンテナ(レンタルコンテナ)にバイクを置き保管する

出典:ハローストレージ

汎用コンテナは、さまざまなものを収納できるレンタルコンテナのことです。

バイク専用に設計されているわけではないですが、これを活用してバイクを保管してしまおうというわけです。スペースに収まれば、排気量の制限は特にありません

海運用コンテナが市街地や郊外の土地にまとまって設置されている光景を、一度は目にしたことがありますよね。都市部を中心にニーズがあり、レンタルコンテナの数はだんだん増えてきています。

前述のマンションタイプに関しては、情報収集と物件探しが大変ですが、コンテナタイプは情報収集が簡単でスピーディに決めやすいメリットがあります

ちゃんとした有名企業が運営しているので失敗するリスクも少なく、間違いのない選択が可能です。

マンション駐車場とあわせて、おすすめしたい選択肢ですね。

利用料金は、月額8,000円~30,000円程度と幅広く、利用するコンテナの広さ(収納スペース)に応じて決まります。広めのコンテナを契約してバイクを2台まとめて収納する、という使い方をする人もいます

バイク用コンテナと同様、防犯性は高く雨風をしのぐ力は最強クラスです。

「2台持ちしたいけど保管スペースがない…」という人には最適です。

ふるけん
ふるけん

コンテナタイプの検索サイトでは、物件数No.1の「ハローストレージ」や「加瀬のレンタルボックス」などが有名ですね。

物件数No.1のハローストレージは、業界唯一の上場企業が運営しているので安心感があります。WEBでカンタンに問合せ・申込できるので、とにかく物件探しが楽ですよ。

加瀬のレンタルボックスもおすすめです。検索画面でエリアから探したり、コンテナのタイプやフリーワードで細かく条件づけしたりできるのが特徴です。

バイクを自宅に置けない場合のおすすめのバイク保管場所・駐車場とは?

ここまで、自宅にバイクが置けない場合の保管方法を5つの選択肢で紹介してきました。

「で、結局どれがいいの?」という声も聞こえてきそうなので、個人的なおすすめを紹介したいと思います

ここでもう一度、まとめ表を確認しておきましょう。

公営駐輪場屋外駐車場屋内駐車場バイク用
コンテナ
汎用コンテナ
駐車料金
(月額)
2,000円~
3,000円程度
3,000円~
5,000円程度
5,000円~
7,000円程度
10,000円~
15,000円程度
8,000円~
30,000円程度
対象車
(排気量)
原付~125cc
限定が多い
無制限無制限無制限無制限
耐風雨×
防犯性××
※2021年の東京都23区エリアを参考に作成

①コスパと球数に優れる、マンション等の屋内駐車場がおすすめ!

まずは、「マンション等の屋内駐車場」をおすすめします。その理由は、次の2点です。

  • コスパがよい(費用と防犯性・耐風雨の高さのバランスに優れる)
  • 都市部では球数も多く、物件もそれなりに見つかる

1点目のコスパに関しては、まとめ表からも見てわかると思います。利用料金は中間的ながらも、防犯性・耐雨風という点では十分に要求水準をクリアしてくれます

屋根付きで雨にぬれず、建物自体の壁が風をさえぎってくれます。

ふるけん
ふるけん

実際、僕の利用する駐車場では、大災害となった2019年の台風19号でも、バイクが倒れたり浸水したりすることはなかったです。

また、駐車場(駐輪場)の入口が鍵付きのドアで施錠されている場合は、防犯性が格段に向上します。

さらに、集合住宅のため人の往来が多く、常に誰かの目にさらされているので、バイクを盗難されにくい環境になっています。

2点目の物件数に関しては、都市部在住者に限定されますが、探してみると案外その数が多いことに気づかされます

場合によっては、自宅すぐ近くに優良物件を見つけることができるかもしれませんよ。

ふるけん
ふるけん

実際に僕も、自宅から自転車で10分未満の場所に優良物件を見つけました。

セキュリティも安心なので、しばらくバイクに乗らないときでも、盗難等を心配することはまずありません。安心して夜眠れるので、精神衛生上も健康でいられます

一方で、「通勤用の原付が安く停められれば何でもよい」というような人は、低料金の公営駐輪場を探すとよいでしょう。

②耐風雨・防犯性が最強クラスの汎用コンテナもおすすめ!

次におすすめなのが、汎用コンテナタイプです。その理由は、次の2点です。

  • 耐風雨・防犯性が最強クラス
  • バイク以外の物も置けて2台持ちも可能

1点目に関しては、まとめ表からもわかるとおり、5つの選択肢の中で最強クラスの耐風雨・防犯性を誇ります。

台風・盗難・雨サビの心配から完全に開放され、精神衛生上かなり健康でいられると同時に、所有感を高めてくれます

2点目に関しては、もともと汎用コンテナなのでバイク以外の物も置けるというメリットがあります。

さらに、コンテナの広さによっては、大型バイク+125~250ccクラスの2台持ちも可能です。

特に、「プレミアムな大型バイクなので防犯性を重視したい」というような人には最適です

ふるけん
ふるけん

やはり特別なバイクには、特別な保管方法が似合います。

あなたのお住まいの場所や予算によって、ベストな選択は変わってくるかと思いますが、以上の内容を参考にしてみてください。

マンション駐車場や汎用コンテナを実際に検索するなら、以下の関連記事で紹介している検索サイトがおすすめですよ

【2021最新】バイク月極駐車場の検索サイト8選!優良物件選びに役立つおすすめを紹介

参考:バイク保管場所・駐車場選びの注意点

最後に、実際にバイク保管場所・駐車場選びをする際の、注意点について簡単に触れて終わりにしたいと思います。

それは、料金や防犯性等のほかに、自宅から保管場所までのアクセスもかなり重要な要素だということです。

例えば、相場より安くセキュリティもばっちりな保管場所を見つけたとしても、それが自宅から1時間もかかるような物件であれば、その選択はナンセンスとしか言えません。

ふるけん
ふるけん

あたり前のように聞こえますが、いろいろな物件を見ているうちについ熱中してしまい、なかなか意識できなくなるんですよね…。

そうならないためにも、あなたが実際に普段バイクを利用しているシーンを想像しながら、以下のような問いかけを自分にしてみましょう。

ロングツーリングから戻った後、疲れた体でも帰宅できるか?

平日にちょい乗りしたい時、気軽に自宅から往復できる距離か?

料金や防犯性以外にも、実際にはこのような注意点がいくつかあります。僕自身、ある程度の期間継続して外の駐車場に通ってみて初めてわかったこともあります。

そのあたりの詳しい情報、保管場所選びの具体的なポイントやコツについては以下の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。。

【2021最新】バイクの月極駐車場の探し方と物件の見方は?おすすめ物件の選び方と後悔しない月極駐車場選びのコツ教えます!

以上、バイクを自宅に置く場所がない時の解決策について解説してきました。

この記事を参考にバイクの保管場所探しを成功させて、素敵なバイクライフを送ってくださいね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です