東京都内で慣らし運転もできるツーリング・ドライブルート紹介【マップ・写真あり】

東京都内で慣らし運転もできるツーリング・ドライブルート紹介

いきなり遠出は不安だから、まずは都内で手軽に慣らし運転したい! だけど渋滞の多い東京で慣らし運転できる場所はあるの? 普通にツーリングできるおすすめルートも知りたい!

あなたのこんなお悩みを解決します。

  • 東京都内でバイク・クルマの慣らし運転はできるの?
  • 東京都内で慣らし走行するときの注意点
  • 初走行におすすめ!慣らしツーリング(ドライブ)ルート紹介
ふるけん
ふるけん

この記事を書いている僕は、2019年夏に新車でバイク(MT-07)を買って慣らし運転を行いました。実際に、本記事で紹介するツーリングルートを使って慣らし走行しましたよ。また、別の記事で紹介している手順を守って、エンジン性能を100%引き出せるベストな状態に仕上げました! 2021年春時点で総走行距離3万キロを超えましたが、何のトラブルもありません。

今回は、東京都内での慣らし運転をテーマにお伝えしていきます。もちろん、東京以外にお住まいの人にも共通する部分はありますので、必見です。

結論からいうと、渋滞の代名詞のような東京都内でも慣らし運転は可能です。理由は記事内でしっかり説明しますので、安心してください。また、慣らし運転に最適で、しかも楽しいおすすめツーリング(ドライブ)ルートも紹介します。

たった3分で読めるので、手始めに都内で慣らし運転を楽しみたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

東京都内でバイク・クルマの慣らし運転はできる

結論、渋滞が多い東京都内でも普通に慣らし運転はできます。

まず、以下の2点のポイントについて話します。

  • 市街地走行も立派な慣らし運転
  • 場所と時間帯を選べばちゃんと慣らしができる

市街地走行も立派な慣らし運転

そのままですが、市街地走行も立派な慣らし運転のうちです。

いくら交通量が多いとはいえ、東京都内を走るのは、その他の市街地走行となんら変わりません

信号でのストップアンドゴー、交差点での右左折によって、エンジンやサスペンション、ブレーキやタイヤはしっかりと慣らされていきます

しかし、慣らし運転中に渋滞につかまるのは、やはり避けたいですね。エンジンも高温になりますし、アイドリング時間が長くなりますからね。

そこで、次のポイントです。

場所と時間帯を選べばちゃんと慣らしができる

東京都内の慣らし運転では、場所と時間帯をちゃんと選んで走行しましょう

その理由は、(1)渋滞を回避するため、(2)心に余裕をもった運転をするためです

渋滞につかまっては、慣らし運転も満足にできません。また、交通量が多かったり道路が複雑だったりすると、緊張してしまい余裕をもって運転できません。

そのために、場所と時間帯選びが大切になってきます。具体的には、次のような点に気を付けます。

  1. 朝・夕の通勤ラッシュなどは避ける
  2. 見通しのよい通りを選ぶ

朝・夕の込み合う時間帯は避け、早朝・日中・夜などの時間帯を選びましょう。また、なるべく見通しのよい2車線以上の道路を選びましょう。

これらを踏まえたおすすめルートは、最後に紹介しますね。

ふるけん

東京都内で慣らし走行するときの注意点

慣らし運転で東京都内を走るときの注意点について、説明しますね。

  • その①:最初のうちは夜に走らない
  • その②:道を間違えても動揺しない

その①:最初のうちは夜に走らない

昼よりも夜の運転のほうが危険なので、最初は夜間走行は避けましょう

なぜかというと、理由は次の2点から。

  1. 視界が悪くなり、認識能力が下がるから
  2. 交通量が減りスピードを出す車が増えるから

最初のうちは、まだ新しいバイク・クルマの特性や操作に慣れていないものです。危険な可能性のある状況は避け、日中に走るようにしましょう。

日中であれば、何か気づいたことがあればすぐに、バイク・カーショップに電話で相談したりできますからね。

ふるけん

その②:道を間違えても動揺しない

道を間違えても、決して動揺しないでください

慣らし運転中は、ちょっとしたことで動揺したりするもの。道を間違えたときに、焦って急に車線変更したりすると、他の車と接触事故を起こす可能性もあります

東京都内は狭いエリアです。ちょっと道を間違えたくらいでは、東京は逃げませんので、安心してください。道を間違えたら、ひとまずそのまま道なりに走り続けましょう。

しばらく行って、停車できるようなスペースを見つけたら、いったんバイクを停めて落ち着きます。そして、Uターンするか、別のルートを探るか考えましょう。

ふるけん

初走行におすすめ!慣らしツーリング(ドライブ)ルート紹介

最後に、ここまでの注意点も踏まえたうえで、東京都内の慣らしツーリング(ドライブ)ルートを紹介しますね。

ツーリング(ドライブ)ルート概要を写真で紹介

まずは、ルート概要を写真入りで紹介しますね。

今回おすすめするのは、臨海エリアを中心に都内ランドマークを組み合わせたルートです。すべて下道で走行可能なので、高速道路は使いませんよ。

START
お台場フジテレビ
お台場フジテレビ

台場地区を象徴するランドマーク。今回のツーリング(ドライブ)ルートの出発地点であり終着地点です。

スポット①
レインボーブリッジ
レインボーブリッジ

東京都の港区台場と江東区有明をつなぐ吊り橋。都内で定番のツーリング(ドライブ)スポットの一つです。ループ橋をぐるりと回るのは、とても気持ちがいいですよ。都内のビル群や夜景をきれいに見渡せます。

スポット②
東京タワー
東京タワー

言わずと知れた東京のシンボル。今回のルートでは、東京タワーを真正面に眺めながら走ることができますよ。タワーにどんどん近づいていくうちに、その大きさと美しさに圧倒されそうになります。

スポット③
晴海大橋
晴海大橋

晴海ふ頭と豊洲ふ頭をつなぐ橋。東京五輪を契機に近年、開発が進んでいるエリアですね。晴海大橋から見える高層マンション・ビル群が、大都市東京を感じさせてくれます。

スポット④
東京ゲートブリッジ
東京ゲートブリッジ

江東区若洲と中央防波堤外側埋立地を結ぶ、全長2618メートルのトラス橋。2012年に開通されたばかりで道路状況もよく、東京湾の風を浴びながらのんびり走れますよ。

スポット⑤
羽田空港
羽田空港

国内最大の空港で「日本の玄関口」。バイクは30分以内無料、50円/30分ごとの料金で駐車でき、とても便利です。ここまでのルートで1時間ちょっと経過しているはずですから、休憩するにはいいタイミング。

GOAL
お台場フジテレビ

出発地点に帰ってきます。今回のツーリング(ドライブ)のゴール地点です。

このルートは、実際に僕自身が、慣らし走行だけでなく普段の都内ツーリングでもよく使っているものです。

ぐるりと周遊できるようになっているので、逆回りで走ってみたり、続けて何周もしてみたりといろいろ活用できますよ。

ふるけん

Googleマップでルートを紹介

先ほど紹介したルートをGoogleマップで共有しておきますね。

以下の地図から、ルートをそのままスマホやパソコンのGoogleマップで表示できます。ぜひ使ってみてくださいね。

まとめ:慣らし走行でゆったり都内ランドマークを楽しもう!

今回は、東京都内での慣らし運転のポイントと注意点、おすすめツーリング(ドライブ)ルートについてお伝えしてきました。

東京都内は確かに交通量が多いですが、場所と時間帯を選べば、都内ランドマークを眺めながら楽しく慣らし運転ができます

ここで紹介したおすすめルートを参考に、あなたも自分だけのお気に入りを見つけてみてくださいね!

また、新しいバイク・クルマの運転に慣れてきて自信がついたら、ぜひ夜の時間帯に再びこのルートを巡ってみてください。

昼とはまったく違う顔を見せてくれるので、二度楽しめますよ。

それでは、今回は以上です。


慣らし運転のやり方や正しい手順については、以下の関連記事で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です