最近のバイクに慣らし運転が必要ないはウソ?その効果とメリット・デメリットを紹介

最近のバイクでも慣らし運転って必要なの?もし慣らし運転をしなかったらエンジンは壊れるの?慣らし運転をした場合としなかった場合では何が違うの?

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容

  • 最近のバイクに慣らし運転が必要ないはウソ?
  • バイクの慣らし運転で生まれるよい効果って何?
  • バイクの慣らし運転をする/しないメリット・デメリット比較

本記事の信頼性

ふるけん
ふるけん

この記事を書いている僕は、2019年夏に新車でバイク(MT-07)を買って慣らし運転を行いました。実際に、別の記事で紹介している慣らし後の手順を守って、エンジン性能を100%引き出せるベストな車両に仕上げました! 2021年春時点で総走行距離3万キロを超えましたが、何のトラブルもありません

今回は、慣らし運転の必要性や効果などについて紹介します。

慣らし運転をすることで得られるメリット、しないことで生まれるデメリットが必ずあります。慣らし運転をさぼれば、エンジンや車体の寿命を縮めることになってしまいます。

たった3分で読めるので、大切な愛車の寿命を縮めたくない人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

最近のバイクに慣らし運転が必要ないはウソ?

SNSやインターネット等で「最近のバイクは高性能だから慣らし運転なんて必要ないよ」などの意見を目にします。

世の中にはいろいろな意見があって、何が本当か悩んでしまいますよね。

実際に、僕も2019年に新車を買ったときに慣らし運転不要論を見てしまい、どっちが本当なのか悩んでしまいました。

ふるけん

以下では、最新バイクでも慣らし運転が絶対に必要な理由について、世の中の事実をロジカルに紐解くことで不要論のウソを暴いていきます。

  • 不要論①:最近のエンジンは工作精度が上がっている
  • 不要論②:慣らし運転をしなくても別に壊れない

不要論①:最近のエンジンは工作精度が上がっている

よく言われる不要論の一つに、次のような意見があります。

不要論者
不要論者

最近のエンジンは工作精度が上がっているから慣らしは必要ない!

確かに、1980~90年代などのバイクと比較すれば、技術もかなり向上して、工作精度が上がっているのは事実です。納車直後から、エンジンが滑らかに動くようにもなっています。

しかし、だからと言って慣らし運転が必要ないわけではありません。

新車で初回のオイル交換をするとわかりますが、金属粉がたくさん出てオイルが真っ黒になっています

こんなに黒くなるほど金属粉がたくさん出ている納車直後のエンジンを、慣らし運転なしでいきなり全開走行して、大切な愛車のエンジンにダメージを与えたいですか?

いくら工作精度が上がっていても、納車直後はエンジン各部がなじんでおらず金属粉がたくさん出ます。こうした汚れはエンジンにとってよくないものなので、回転数を一定以下に抑える慣らし運転が必要です。

僕がお世話になっているバイクショップの店長いわく、「新車エンジンには、市場に流通していない特別なオイルが入っている」ようです。

たくさん金属粉が出るので、それをしっかり吸収する特別なオイルだそうですよ。

ふるけん

バイク用おすすめエンジンオイル バイク用エンジンオイルのおすすめ13選を予算・性能別に紹介【2021最新比較】

不要論②:慣らし運転をしなくても別に壊れない

よく言われるもう一つの不要論に、次のような意見もあります。

不要論者
不要論者

慣らし運転をしなくても別にエンジン壊れない!

確かに、最近のバイクで「慣らし運転をしなかったからエンジンがすぐダメになった」などと聞いたことはありません。


しかし、だからと言ってならし運転が必要ないわけではありません。

購入したバイクの取扱説明書を見るとわかりますが、そこには必ず慣らし運転についての記載があるはずです。

よく見ると、「慣らし運転は寿命を延ばす」などと書かれています。

つまり、バイクメーカーが公式に、「慣らし運転したほうがバイクの寿命が延びるよ」と言っているのです。

最近の国内メーカーのバイクは品質が高くなかなか壊れにくいものですが、機械には必ず寿命があります。

慣らし運転なしでいきなり全開走行して、大切な愛車の寿命を縮めたいですか?

バイクが好きなら、メーカーが推奨しているように、ちゃんと慣らし運転をして愛車の寿命を延ばしたいですよね。

ふるけん

ここまで見てもらえば、最新のバイクでも慣らし運転が絶対に必要な理由がわかっていただけたと思います。

不要論に惑わされず、慣らし運転がバイクの寿命を延ばすという事実をもとに、慣らし運転の必要性を理解してください

バイクの慣らし運転で生まれるよい効果って何?

次に、慣らし運転をすることで生まれるよい効果についても解説します。さまざまな効果がありますが、大きく2つ紹介します。

  • その①:部品がよくなじみ上質なエンジン・車体に仕上がる
  • その②:エンジンの寿命が延びる

その①:部品がよくなじみ上質なエンジン・車体に仕上がる

慣らし運転をすれば、各部品がよくなじみ上質なエンジン・車体に仕上がります。

いわゆる「あたり」のついたエンジン・車体になるというわけですね。あたりのついたよいエンジンは、本来の性能を十分に発揮させられるようになります

せっかくなら、愛車が持っている可能性を100%引き出せるようにしてあげたいですよね。

ふるけん

慣らし運転をしないばかりに、愛車の可能性を殺してしまうのはとても悲しいことです。

その②:エンジン・車体の寿命が延びる

メーカーが公言しているとおり、慣らし運転をすれば、エンジン・車体の寿命が延びます。

一定回転数以下に抑えた穏やかな運転をすることで、エンジンにあたりがつき、より長期使用に耐えられるようになります

加えて、サスペンションやブレーキ、チェーン・スプロケットなどの各パーツもあたりがつくことで、寿命が延びます

バイクライフを楽しむのであれば、絶対にこの効果を手に入れたうえで、よりよいものにしたいですよね。

ふるけん

バイクの慣らし運転をする/しないメリット・デメリット比較

最後に、慣らし運転をする場合としない場合のメリット・デメリットを比較してみましょう。

  • メリット・デメリット比較表
  • 慣らし運転をしないとデメリットだらけ

メリット・デメリット比較表

まずは、ここまでの話をまとめたうえで、それぞれのメリット・デメリットを比較する表を見てみましょう。

スマートフォン等は横にスクロールして見てください。

メリットデメリット
慣らし運転する・部品がよくなじみ上質なエンジンや車体に仕上がる
・エンジンや車体の寿命が延びる
・愛車のことを深く理解できる
・慣らしが終わるまでは高負荷走行できない
慣らし運転しない・はじめから高負荷走行を楽しめる・エンジンや車体本来の性能を損なう
・エンジンや車体の寿命を縮める
・愛車のことを深く理解できないままになる

慣らし運転をする場合のメリットは、「上質に仕上がる」「寿命が延びる」など、さきほど述べたとおりですね。

愛車のことを深く理解できる」とは、慣らし運転中に愛車とじっくり対話を重ねることで得られるメリットです。

慣らし運転をするということは、ただパワーを抑えて走るということではありません。各部に意識を向けて愛車と対話する行為そのものです。

そうした対話を通じて、「このバイクにはこんな基本性能が備わっている」とか「こんな感じの使い方がこのバイクには最もフィットする」といったことがわかるようになります。

愛車の設計思想を知り、そのバイクの本質を深く理解できたほうが、よりよいバイクライフを送れますよ。

ふるけん

慣らし運転をする場合のデメリットは、慣らしが終わるまでは高負荷走行できないという点です。

しかし、そんなものはたった1000kmか1か月程度の間だけです。

この先、何万キロも長く愛車と付き合っていきたいのであれば、大した問題ではないと認識できますね。

ふるけん

慣らし運転をしないとデメリットだらけ

慣らし運転をしない場合のデメリットは、たくさんあります。

まず、エンジン・車体が持つ本来の性能を損ないます。100%の力を引き出すことが難しくなってしまうわけです。

次に、エンジン・車体の寿命を縮めます。慣らし運転をすれば寿命が延びるのですから当然ですね。本来持っている寿命の一部を殺してしまうわけです。

そして、愛車のことを深く理解できないままになるデメリットもあります。本来なら慣らし運転中に交わされるはずの対話がないので、そのバイクの本質を理解するのに劣ります。

慣らし運転をしない人は、例え何万キロ乗ったとしても、そのバイクの本質を真に理解する境地には到達できないと思います。

ふるけん

また、慣らし運転をしないことのメリットは、はじめから高負荷走行を楽しめることです。

ただ、これをメリットとして享受できるのは、走行距離0km~1000kmの間だけです。慣らし運転する人は、1000km走ったら普通に高負荷走行できますからね。

この先、長く愛車と付き合っていくうえで、たった1000kmのためにエンジン・車体の可能性を犠牲にしたいですか?

慣らし運転をしなければ、デメリットだらけです。目先の欲に惑わされる必要はありません。未来を踏まえた長期的思考で、余計なリスクを避けたいものですよね。

ふるけん

まとめ:ちゃんと慣らし運転をして上質なエンジン・車体に仕上げよう!

今回は、慣らし運転の必要性と効果、メリット・デメリットについて、解説してきました。

根拠のない意見に惑わされずに、自身をもってちゃんと慣らし運転をすることで、あなただけの上質なエンジン・車体に仕上げていきましょう

バイクのことを理解しようと愛車の声に耳を傾けながら、じっくりと対話を重ねてみてくださいね。


慣らし運転のやり方や正しい手順などについては以下の関連記事で解説しているので、チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です