バイクタイヤの皮むきの方法は?失敗なく誰でもできる簡単な手順を解説

バイクタイヤの皮むきの方法は?失敗なく誰でもできる簡単な手順を解説

バイクの新品タイヤの皮むき、どうすればいいのか悩みますよね?
初めての経験であれば、なおさら不安です。

その気持ち、僕自身も感じていたのですごくわかります。でも、大丈夫。この記事で紹介する、誰でも簡単にできる安全で確実な方法を知れば、皮むきの成功は間違いありません。

「皮むきって何?」という初歩から入り、正しいやり方、やってはいけないNG集まで紹介します。誤ってスリップして愛車を傷つけないよう、新品タイヤの皮むきについて一緒に考えていきましょう。

実際に僕自身、この方法で人生はじめての皮むきがうまくできました。誰でも失敗なく簡単にできるので、最後まで読んでみてくださいね!

ふるけん

バイクの新品タイヤには皮むきが不可欠!

どんなバイクの新品タイヤにも、皮むきが不可欠です。まずは、皮むきの意味や必要性等の基本を押さえましょう。

皮むきって何?

皮むきとは、新品タイヤの表面にあるツルツルの表皮をはがすことです。真新しいタイヤを指でこすってみればわかりますが、指がツツツーっと表面を滑っていく感覚が得られます。これがまさに、タイヤの皮です。

皮があると滑って危険

新品タイヤを皮むきする理由は、皮があると滑って危険だからです。実際に、交換したばかりのタイヤで走り出すと、普段とは全く違う地面との接地感に驚くかもしれません。

皮があると、タイヤが持つ本来のグリップ性能を発揮できず、スリップしやすい状態になっています。車と違いバイクは、タイヤがスリップすると即転倒する可能性が高く、もしそんなことになれば危険です。

そもそもなぜ皮があるのか?

しかし、なぜ新品タイヤには、わざわざそんな滑りやすい皮がついているのでしょうか?結論から入ります。

結論 製造工程上、必ずタイヤ表面にツルツルした膜ができてしまう

実はこの皮は、正確にはタイヤ表面を覆っている薄い膜のことで、製造時に使用する離型剤等からできています。また、ラバーコンパウンド(複合ゴム)には様々な化学品や油分が含まれていますが、それが表面に染み出したものが滑りやすい一因にもなっているようです。

こうした専門的な話は、メーカーの研究者でもない限り、答えを突き止めることはできないので、ここでの深入りはやめておきます。大事なのは膜のはがし方であって、膜の成分を知ることではありませんからね。

ここまで、タイヤの皮むきの意味や必要性について解説してきました。「皮むきって何?」の疑問は解けましたね?

ふるけん

絶対失敗しない!簡単な皮むきの方法は?

ここからはいよいよ、具体的な皮むきの方法を解説していきますよ。新品タイヤの皮むきで覚えておきたい大切なポイントは、次の5つです。

  • 丁寧なスロットル操作
  • ゆっくりと、徐々にバンク角を大きくしていく
  • 無理してバンク角を深くしない
  • アマリングは気にしない
  • 適正空気圧を保つ

上記に気を付けながら、走行距離30~100km程度を皮むきの期間としましょう

丁寧なスロットル操作

丁寧な運転は、タイヤの皮むきで最も大切なポイントです。

新品タイヤはスリップしやすいので、発進時やカーブでの急な加減速は厳禁です。丁寧なスロットル操作を意識しながら、じわっと加速し、ゆっくり減速しましょう

地面との接地感に神経を集中させながら、丁寧に、丁寧にアクセルを回してください。教習所でバイクに乗っていた頃を思い出して、慎重に運転しましょう。

くれぐれも、「新品タイヤのグリップ性能を確かめてやろう」などと考えてはいけません。そもそも皮があるうちは、タイヤ本来の性能が発揮できないですからね。

発進時に急加速したり、旋回中にアクセルを勢いよく開けたりすると、簡単にスリップして転倒する恐れがあります

「タイヤ交換後に走り出したら、すぐコケてしまった…」という話はよく聞きますので、くれぐれも注意してくださいね。

ふるけん

ゆっくりと、徐々にバンク角を大きくしていく

新品タイヤはスリップしやすいので、急激なバンクは厳禁です。カーブを曲がるときは、ゆっくりと、徐々に車体を倒しこんでいきましょう

そのためには、スピードを控えめにしてゆっくり走行しましょう。車体を傾けなくても十分曲がれるような状態をつくるということです。

その状態を維持しながら、コーナーを2つ3つクリアするごとに、少しずつ車体の倒しこみを強め段階的にバンク角を大きくしていくイメージで走行しましょう。

無理してバンク角を深くしない

タイヤの皮をすべてはがそうと、無理してバンク角を深くしてはいけませんすべての膜が取れないと皮むきが終わらない、というわけではないですからね

通常自分が使う範囲内で、皮むきができていればよいのです。サーキットでもない限り、タイヤの端まで使って走ることはまずありません。公道走行で安全にバンクできる範囲内で走っていれば、ちゃんと皮むきできます。

アマリングは気にしない

タイヤのサイドに残った皮がくっきり輪になっているのを、多くのライダーが「アマリング」と呼びます。ただ、アマリングは全く気にする必要がありません

世の中には、

「タイヤを端まで使えていないのかな…」
「なんか、かっこ悪いな…」

などと気にする人がいるようで、アマリングの消し方を語るハウツー記事も出回っています。しかし、個人的な意見として言わせてもらうと、そんなつまらないことに気を取られるのは時間の無駄だと思います

バイクに乗るのが好きだったら、アマリングなんか気にせずに、皮むきが終わったら早くツーリングを楽しみたくありませんか?

適正空気圧を保つ

タイヤの皮むきは、適正空気圧で行いましょう。あらかじめ車種ごとに定められている規定の空気圧を保ちます

わざとタイヤの空気圧を下げて皮むきする人がいますが、これはよくありません。新品タイヤをホイールに組んだ後はじめて空気を入れると、タイヤの構造部材が若干膨張し、ストレッチされます。

そのため、新品タイヤの交換後は若干空気が減りやすく、約1か月で空気圧が10~20kPa(約0.1〜0.2kgf/cm2)減少すると言われます。

30~100kmほど走行して皮むきが終わったら、空気圧を一度チェックしてください。常に適正空気圧を保つために、「エアゲージ」を一つ持っておくと便利です。

安価に手に入るので、必ず一つは手元に持っておきましょう。

エーモン エアゲージ(ペンシル型) 最大測定値350KPa A58
シンプルで原始的だが、壊れにくいペンシル型。コンパクトで軽いので、バッグやポケットに忍ばせて常に持ち運べます。メンテナンスグッズに定評のある、信頼のエーモン製。
エーモン エアゲージ(ダイヤル型) 最大測定値350KPa 6779
同じくエーモン製のエアゲージ。こちらは針で確認するダイヤル型です。ペンシル型より若干重くてサイズもかさばる。ご自身のバッグの形状などに合わせて、お好みのタイプを選択しましょう。

さらに、空気入れで便利なアイテムが以下のエクステンションエアバルブ

たまに、バイクのホイールに干渉して空気入れが使えないことってありますよね? そんな時に大活躍するのがこのエクステンション(延長用)。これ一つで空気入れの成功率が100%になる優れモノです

KITACO バイク用エアバルブ 90°エクステンション
キタコ製のエクステンション(延長用)エアバルブ。そのままでは空気入れがホイールに干渉して使えない時に大活躍します。ミニサイズなので、必ずバッグに忍ばせておきたい定番アイテム。
ここまで、安全かつ確実な皮むきの方法について解説してきました。

ふるけん

NG集!よくある失敗とは?

誤った方法で皮むきをしてしまうと、危険なだけでなく、タイヤの寿命を縮めることにもつながります。よくある失敗を見ながら、NG行動を知りましょう。

タイヤの端まで皮むきしようと公道で深くバンクする

どうしてもアマリングが気になる人が、やってしまいがちな傾向にあるNG行動。よいことなんて何一つない危険運転です

サーキットで1、2週すればアマリングなんて消えてしまいますが、公道でそれをやろうと、高速で急カーブに突っ込んでいくライダーがたまにいます。無理な倒しこみは転倒リスクが高まり、他の車両にも迷惑です。

皮むきなんて表面的なものに捉われずに、自然体でライディングに集中したほうがかっこいいですよね。

ふるけん

タイヤにパーツクリーナーを直接かける

離型剤を落とそうとパーツクリーナーを直接タイヤに吹きかける人がいますが、これもNGです。ゴムを劣化させ、タイヤの寿命を縮めてしまいます

一度ウェスにパーツクリーナーを吹いてから、そのウェスでタイヤを拭くという間接的な方法を取る人もいるようです。やりたいことは実現できるでしょうが、タイヤへのダメージはゼロではありません。

素直に道路を走って皮むきするほうが簡単で早いですよ。

ふるけん

タイヤをヤスリがけする

ケミカル用品がだめなら、力業でヤスリがけだ!という人もいるようですが、これもNG。間違いなくタイヤへのダメージになります

スリップが心配な気持ちはわかりますが、必要以上に恐れることはありません。素直な気持ちでライディングを楽しみましょう。

高速道路を走って皮むきする

皮むきが面倒で高速道路でさっさと済ませる人もいるようですが、これもNG。高速道路では直線ばかりで、タイヤの中央部分しか使えません。

また、タイヤ本来の性能が発揮されていない状態のまま、高速でコーナーに飛び込んでいくのも危険です

ここまで、皮むき時のNG行動について見てきました。

ふるけん

皮むきはどこでやればいい?

「タイヤの皮むきは一体どこでやればいいのか?」という相談を受けることがあります。答えは、特別な場所は不要です。

まずは街中走行でOK

まずは街中走行でOKです。交通ルールを守って、安全に市街地を運転しましょう。ストップアンドゴーや、交差点の右左折等でタイヤの中央付近は自然に皮がむけます

繰り返しですが、スピードは控え目に、丁寧なスロットル操作を意識しましょう。自宅近くの幹線道路などで、交通の流れに乗って普通に運転するだけでOKですよ。

次にツーリングに行こう

次にツーリングです。タイヤのサイド部分が使える、緩やかなカーブが連続するワインディングロードを選びましょう。カーブを一つずつ丁寧にクリアしながら、徐々にバンク角を増やしていくことができますからね。

また、よほど腕に自信がある人を除いて、峠道を選択するのは控えましょう。急カーブばかりの峠道では、車体制御が難しくなります。

参考:タイヤの慣らしとは?

最後に、タイヤの「慣らし」についても解説しておきます。タイヤの慣らしとは、タイヤの構造物同士をよくなじませたり、ホイールとタイヤの部品同士にあたりをつけたりすることです。

タイヤは、カーカス・トレッド・ビードなど様々な部材で成り立っています。これらをよくなじませるには、タイヤを揉んであげることが必要です。具体的には、前・後輪に適度に負荷をかけながら走ることで、タイヤを押しつぶして揉むことができます

サイド部分までうまく揉んであげることで、タイヤ本来の性能を100%引き出すことができるようになります。ちなみに、皮むきはタイヤ表面だけが対象なのに対し、慣らしはタイヤ内部の構造も含めた全体が対象です。

また、タイヤの慣らし運転中は、穏やかな運転を心がけましょう。新品タイヤには、グリップのよい部分とそうでない部分が点在しているため、よく馴染む前に激しい走りをすると、グリップしづらい部分だけが先に減る「扁摩耗」が起きやすくなります

まとめ:タイヤの皮むきはご安全に!

今回は、誰でも簡単にできるタイヤの皮むきについて解説してきました。本内容を参考にすれば、初めての人でも間違えずにできるはずです。

ところで、世の中には、タイヤの端まで皮むきするのを正義と勘違いしている、「アマリングおじさん(アマおじ)」なる存在もいるそうです。しかし、この記事を読んでくれている賢いあなたは、そんな愚か者の戯言に惑わされる必要はありませんよ!

峠がサーキット代わりだった昔と違い、今どきは安全運転で自然体なライダーが何よりスマートなのです。タイヤの皮むきは、安全第一で取り組みましょう

ということで、今回は以上です。

ご安全に!

まとめ
  • 皮むきとは、新品タイヤの表面にあるツルツルの皮をはがすこと
  • 製造工程上、必ずタイヤ表面にツルツルした膜ができるが、これが皮と呼ばれる
  • タイヤに皮が残ったままだと、本来のグリップ性能を発揮できず滑りやすい
  • 誰でも簡単にできる皮むきのポイントは5つ
    • 丁寧なスロットル操作
    • ゆっくりと、徐々にバンク角を大きくしていく
    • 無理してバンク角を深くしない
    • アマリングは気にしない
    • 適正空気圧を保つ
  • 次の4つはすべてNG行為
    • タイヤの端まで皮むきしようと公道で深くバンクする
    • タイヤにパーツクリーナーを直接かける
    • タイヤをヤスリがけする
    • 高速道路を走って皮むきする
  • 皮むきする場所は、まずは街中走行、次にワインディングロード走行
  • タイヤの慣らしとは、タイヤをよくなじませたり、部品同士あたりをつけたりすること
  • 皮むきは、安全第一で行うこと

エーモン エアゲージ(ペンシル型) 最大測定値350KPa A58
シンプルで原始的だが、壊れにくいペンシル型。コンパクトで軽いので、バッグやポケットに忍ばせて常に持ち運べます。メンテナンスグッズに定評のある、信頼のエーモン製。
エーモン エアゲージ(ダイヤル型) 最大測定値350KPa 6779
同じくエーモン製のエアゲージ。こちらは針で確認するダイヤル型です。ペンシル型より若干重くてサイズもかさばる。ご自身のバッグの形状などに合わせて、お好みのタイプを選択しましょう。
KITACO バイク用エアバルブ 90°エクステンション
キタコ製のエクステンション(延長用)エアバルブ。そのままでは空気入れがホイールに干渉して使えない時に大活躍します。ミニサイズなので、必ずバッグに忍ばせておきたい定番アイテム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です