MT-07をツーリング仕様に最適化できるおすすめグッズ7選を紹介!

MT-07をツーリング仕様に最適化できるおすすめグッズ7選を紹介!

MT-07をツーリング最強仕様に最適化できる、おすすめグッズ「7つ道具」を紹介します。

YAMAHA MT-07はノーマル状態でもツーリングに使いやすいバイクです。

しかし、カスタムや便利グッズの追加などちょっと工夫するだけで、ツーリングに特化した最強仕様に最適化することができます。

ふるけん
ふるけん

2019年モデル(2代目)に3万km以上乗り続けている僕がたどり着いた、現時点でのベストアンサーを解説します。ここで紹介する仕様で、実際に全国あちこちをツーリングしてますよ。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ツーリング仕様最適化の必要性

まずは、MT-07をツーリング仕様に最適化する必要性について解説します。

完全ノーマル状態でもツーリングは可能

当然、完全ノーマルの状態でもツーリングは可能。MT-07はとても扱いやすいバイクなので、どこに行っても気持ちよく走ることができますよ。

ただ、常にツーリングが快適というわけではなく、次のような問題点もあります

  • 高速道路では走行風を直接受けるので疲れる…
  • クラッチが遠くて手が疲れる…
  • ヘッドライトが暗くて夜の運転が怖い…
  • 積載性が低いので荷物が積めない…

などです。

これらを克服するには、ツーリング仕様に最適化していく必要があるんですね。

ツーリング特化のカスタムでさらに利便性が向上

バイク用品の導入やカスタムパーツの装備などで、こうした問題は解決可能です。

そうやって仕様を変えることで利便性が向上し、ツーリングがより快適なバイクに仕上がっていくのです

仕様次第で、MT-07はツーリング最強バイクと言えるほどのポテンシャルを秘めていますよ。

ふるけん
ふるけん

ちょっと工夫するだけでツーリングの利便性が劇的に向上するので、ぜひ取り組んでみてほしいですね。

仕様最適化のためのおすすめ7つ道具

ここからは、MT-07をツーリングに特化した仕様に最適化できる、おすすめの7つ道具を紹介していきます。

  1. ウインドスクリーン
  2. エンジンガード
  3. ラジエーターコアガード
  4. EFFEXスムースフィットレバー
  5. 高効率ハロゲンバルブ
  6. シートバッグ
  7. フックレンチ(サス調整用)
ふるけん
ふるけん

これらの7つ道具が、MT-07に3万km以上乗り続けている僕がたどり着いた、ベストアンサーです。

ひとつずつ、詳しく紹介していきますよ。

①ウインドスクリーン

評価
必須度
 (4)
利便性
 (5)
利用頻度
 (5)

ネイキッドタイプのMT-07は、ノーマル状態では走行風を前面から直接受けてしまいます。

ウインドスクリーンがあれば、風防効果が一気に高まり、走行風による負担が大幅に軽減されるので、ロングツーリングや高速での長時間走行でも疲れにくくなります

ワールドウォーク 初代MT-07(2014-2017年モデル)専用 ロングスクリーン
国内バイクパーツメーカー「ワールドウォーク」製のウインドスクリーン。2014~2018年モデル(初代)MT-07に適合する専用設計。風防効果が高くロングツーリングでも疲れにくいです。スマホホルダーをマウントできるバーも付属。
YAMAHA Y’S GEAR 2代目MT-07(2018-2020年モデル)専用 ミドルスクリーン
ヤマハの純正アクセサリーを提供する「ワイズギア」製のミドルスクリーン。2018~2020年モデル(2代目)MT-07に適合する専用設計。メーカー公式のオプションパーツなのでデザインがよく、見た目もカッコイイです。空気力学に基づき設計された流線形で風防効果も高く、ロングツーリングでも疲れにくいですね。
ふるけん
ふるけん

特に高速走行では大きな違いがありますよ。実際にウインドスクリーンのおかげで、四国一周ツーリングでは東京→徳島間700kmの道のりを1日で難なく走れました。

高速によく乗る人は、必須アイテムですね。

②エンジンガード

評価
必須度
 (3)
利便性
 (3.5)
利用頻度
 (2)

万が一の転倒時や事故時に、エンジンへのダメージを軽減してくれる保護部品。

立ちゴケによるちょっとした衝撃からもガードしてくれるので、装着しておくと何かと便利なアイテムです。

DAYTONA エンジンスライダー/プロテクター MT-07専用
国内バイクパーツメーカー「デイトナ」製のエンジンプロテクター。初代から3代目までのMT-07に適合する汎用パーツ。エンジンへのダメージを予防する効果も高い。リーズナブルで導入しやすく、装備しておくと何かと安心できるアイテム。
ふるけん
ふるけん

「転ばぬ先の杖」的な安心アイテムです。僕も実際に1回だけ軽く転倒したことがありますが、ガードのおかげで、大事なエンジンは無傷でしたよ。

③ラジエーターコアガード

評価
必須度
 (3.5)
利便性
 (3.5)
利用頻度
 (4)

小石などの飛び石から、ラジエーターコアの損傷を防いでくれる便利アイテムです。

ラジエーターコアガードが無ければ、前輪で跳ね上げた小石などが直撃し、ラジエーターのフィンが潰れてしまいがち。

それが積み重なると、ラジエーターの冷却効率に大きな影響が出てしまい、エンジンがオーバーヒートしてしまう可能性もあります

MT-07専用 ラジエーターコアガード
MT-07専用設計のラジエーターコアガード。本体に「MT-07」の刻印がされてあり、見た目もカッコイイです。中国製でリーズナブルですが、品質は結構高いです。
ふるけん
ふるけん

車両を手に入れたらすぐに取り付けたいアイテムですね。

冷却効率が少し落ちるとの声もありますが、僕はそう感じたことは一度もありません。

④EFFEXスムースフィットレバー

評価
必須度
 (4)
利便性
 (5)
利用頻度
 (5)

MT-07の純正クラッチレバーは遠く、位置を調整する機構がないため、左手が疲れてしまいます。ブレーキレバーもちょっとタッチが硬いです。

交換用のレバーはいろいろありますが、最もおすすめなのが、僕も使っている「EFFEXスムースフィットレバー」です。

6段階のアジャスト機構が便利なのはもちろん、人間工学に基づく曲面設計で握り心地が素晴らしいレバーです。

自然な軽いタッチで握れるので、ロングツーリングでも疲れません

アルミ削り出しなのも高級感があって嬉しいポイント。ドレスアップとしても優秀なアイテムですよ。

EFFEX スムースフィットレバー ブラック
高品質パーツで評判のブランド「エフェックス」製の交換レバー。名前のとおり滑らかな握り心地が素晴らしい。指をかける部分が曲面の形状なので、自然な握り心地で操作できます。人間工学に基づく軽いタッチが、ロングツーリングでも手を疲れさせません。6段階の位置調整が可能で、女性から大柄の人まで万人の手にフィットします。アルミ削り出しで高級感があるのも嬉しいポイント。
ふるけん
ふるけん

握り心地が柔らかくクラッチも軽く感じるので、ツーリングが本当に快適になります。最も利用頻度の高い部品だからこそ、品質の高いものにこだわりたいですね。

実際の交換手順やインプレについては、以下の関連記事で詳しく解説していますよ。

⑤高効率ハロゲンバルブ

評価
必須度
 (4)
利便性
 (4.5)
利用頻度
 (4)

2021年モデル(3代目)からLED化されましたが、初代と2代目はハロゲンランプ。

純正ライトは暗いので、夜間走行時はすこし不安。特に、ツーリング先で暗い道を走る時などは気をつかいます。

そこで、高効率バルブに交換すれば、ヘッドライトがかなり明るくなるので、夜間でも安心して走れます

PIAA ハロゲンバルブ 3200K H4 高耐震性能20G 1年保証
信頼の国内メーカーPIAA製のハロゲンバルブ。135/120W相当の高効率バルブなので、純正品に比べてロー/ハイともかなり明るくなります。また、耐震仕様かつバイク専用設計なので、高耐久でライトの輝きが長持ちします。
ふるけん
ふるけん

僕は日の出前に出発したり、日没後に走ることが多いのですが、高効率バルブに変えてからは本当に楽になりました。光量が増えて見た目もカッコイイですね。

実際の交換手順やインプレについては、以下の関連記事で詳しく解説していますよ。

⑥シートバッグ(積載性アップ)

評価
必須度
 (5)
利便性
 (5)
利用頻度
 (5)

MT-07は積載性が唯一の弱点

MT-07の唯一の弱点は、積載性です

シート下にスペースがほとんど存在せず、リアシートも面積が小さいので、そのままの状態では荷物を載せることができません。

僕もあれこれシートバッグを試してみましたが、結局、Kriegaのシートバッグに落ち着きました。

Kriegaのシートバッグがジャストフィット!

完全防水、シンプルな見た目でスマート、コーデュラ素材で高耐久性、工具不要で脱着が簡単な「Kriega ドライパック」シリーズ。

リアシート備え付け標準ベルトに、固定フックを引っ掛けるだけで、簡単に取り付けられます。

あまりにも違和感なくぴったりと収まるので、まさにシンデレラフィットという感じです

日帰りツーなら10L、1~2泊程度の宿泊ツーなら20L容量がちょうどよいです、

Kriega (クリーガ) Drypack (ドライパック) – US20
英国発のバイク用品メーカーが贈る傑作バッグ。泊りがけのツーリングにちょうどよい20L容量。完全防水で高機能、かつ見た目もかっこいい理想の一品で、海外メーカーならではのセンスの良さが光ります。自然なデザインと落ち着いた黒色はバイクのフォルムを崩さず、スポーツタイプのバイクにもよく合います。値段は少々張りますが、丈夫で長く使えるので結局はお買い得。有名モトブロガーやバイク雑誌関係者も高確率で愛用している名品ですよ。
Kriega (クリーガ) Drypack (ドライパック) – US10
英国発のバイク用品メーカーが贈る傑作バッグ。日帰りツーリングにちょうどよい10L容量。完全防水で高機能、かつ見た目もかっこいい理想の一品で、海外メーカーならではのセンスの良さが光ります。自然なデザインと落ち着いた黒色はバイクのフォルムを崩さず、スポーツタイプのバイクにもよく合います。値段は少々張りますが、丈夫で長く使えるので結局はお買い得。有名モトブロガーやバイク雑誌関係者も高確率で愛用している名品ですよ。
ふるけん
ふるけん

どこに行くにもKriegaのDrypackを愛用しています。本当に便利なので、気づいたら5L・10L・20L容量の3点をそろえてました。

⑦フックレンチ(サス調整用)

評価
必須度
 (4.5)
利便性
 (4)
利用頻度
 (3)

サス調整用のフックレンチがあれば、リアサスのプリロード調整が可能です。

重いキャンプ用品を積んでキャンツーに行ったり、タンデムしたりする時に、プリロードを強くするために使います。また、日常の走行でも自分好みのサスフィーリングに調整できますよ

サスを触ったことがないという人も意外に多いですが、走りに直結する部分なので、効果を実感しやすいですよ。

バイク専用 フックレンチ サス調整用 35~75(mm)
様々な車種に対応した汎用フックレンチ。これ一つで簡単にサスペンション調整が可能です。もちろん、MT-07のリアサス調整にも対応。

実際の調整手順や実感できた効果については、以下の関連記事で詳しく解説していますよ。

ふるけん
ふるけん

いつでも車載工具に忍ばせておきたい便利アイテムですね。

おまけ:カラビナロック

7つ道具のおまけとして、カラビナロックも紹介します。

ライディングジャケットに通したり、荷物に通したりして盗難防止に使えるので、一つ持っておくと非常に便利なアイテムです。

タンデム時に、相方のヘルメットを車体に固定するのにも使えます。

CROPS バイクロック 盗難防止用 ダイヤル式 ワイヤーロック
クロップス製ワイヤーロック。ライジャケや荷物の盗難防止に役立ちます。フック型なので、いろいろなものに通しやすく使い勝手がよいです。ライジャケの盗難防止にも使えたりと、一つ持っておくと何かと便利なアイテム。
ふるけん
ふるけん

ツーリング先でバイクから離れる際に、サッと取り出してスグに使えるので、使い勝手がよいですね。

まとめ:ツーリング仕様に最適化しよう!

ここまで、MT-07をツーリング仕様に最適化できる、おすすめの7つ道具を紹介してきました。

7つ全部そろえれば、日帰りからロンツーまで何でもこなせる仕様になって、最強ツーリングバイクに進化できますよ

いきなり全部は難しいかもしれないので、まずは利用頻度の高いものから導入していくのがおすすめです。

ここで紹介した評価も参考に、ぜひ便利グッズを手に入れてみてくださいね。


ふるけん
ふるけん

ここでは紹介できませんでしたが、スマホホルダーも定番のツーリンググッズ。上記の関連記事でMT-07にうまく適合するアイテムをインプレしているので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です