【簡単】MT-07のヘッドライトバルブ交換方法を解説!失敗しない手順とおすすめバルブも紹介

【簡単】MT07のヘッドライトバルブ交換してみた!正しい手順とおすすめパーツも紹介

MT-07のヘッドライトがつかない! バルブが玉切れしたけどどうやって交換するの? おすすめの明るいライトはどれ?

こんなお悩み、MT-07乗りの方にはありがちですよね。僕自身も実際に体験して困ったことなので、同じことで迷う人が出ないように、作業写真付きで本記事にまとめてみました

ここで紹介しているのは、公式サービスマニュアルで確認した正しい手順です。

本記事の内容

  • 準備:ヘッドライトバルブ交換に必要な道具
  • 実例:ヘッドライトバルブの交換方法と手順
  • ライト交換で得られた体感効果
  • おすすめバルブの紹介

本記事の信頼性

ふるけん

この記事を書いている僕は、2019年夏にMT-07を新車で購入。その後2020年春に走行距離が3万kmに達した頃、ロービームが点かなくなったので、ヘッドライトバルブを交換しました。そこで得られた経験を、誰でもできる失敗しない手順として紹介します。
注意
ここに記載する内容は、整備士の資格を持たない素人が行ったメンテナンスの記録です。もし当サイトの内容を参考にされる際は、すべて自己責任にて作業をお願いします。これにより発生したトラブルに関しては、当方は一切責任を負いませんのでご注意ください。

準備:MT07ヘッドライトバルブ交換に必要な道具

まずは道具の準備が必要です。MT-07には2014~17年式、2018~20年式、そして2021年式以降と大きく3つのモデルがありますが、ここで紹介しているのは2018~20年式モデルです。

必要な道具一覧
  • 六角レンチ
  • ヘッドライトバルブ
  • ビニール手袋

必須 六角レンチ

六角レンチセット

ヘッドライトユニットを外すのに必要なのが、六角レンチです。2018~20年式では5mmのものを使いますが、他モデルでは若干異なるかもしれませんので、下記のようなセット品を用意しておくとよいでしょう

E-Value 六角棒レンチセット 13本組
バイク整備に必要サイズを網羅したセット品。この1セットがあれば、バイク整備で出会うほとんどの六角穴ボルトに対応できるようになりますよ。

六角レンチは必ず必要なので、持っていない人はぜひ手に入れてくださいね。

必須 ヘッドライトバルブ(電球)

取り外した純正ハロゲンバルブ

当然必要なのが、ヘッドライトバルブ(電球)です。これも欠かせませんね。おすすめのバルブは後半で詳しく紹介しますが、特にこだわりがなければLEDでなく、ハロゲンバルブで問題ありません

PIAA ハロゲンバルブ 3200K H4 高耐震性能20G 1年保証
信頼の国内メーカーPIAA製のハロゲンバルブ。135/120W相当の高効率バルブなので、純正品に比べてロー/ハイともかなり明るくなります。また、耐震仕様かつバイク専用設計なので、高耐久でライトの輝きが長持ちします。

これが今回実際に使用した交換用バルブです。後半でインプレッションやおすすめポイントを解説しています。

任意 ビニール手袋

ビニール手袋

必須ではないけどあると便利なのが、ビニール手袋です

というのも、手で直接バルブのガラス面に触れるのはNG行為だからです。手についた油や汚れが付着すると、バルブ故障の原因になってしまうのです。

ビニール手袋があれば、失敗リスクを極限まで下げることができますよ。

ふるけん

コモライフ ポリエチレン手袋 100枚入 Mサイズ
Amazon売れ筋No.1のビニール手袋。オイル交換はもちろん、バルブ交換や日常整備などあらゆるメンテナンスで役立ちます。また、ツーリング先の給油でサッと取り出して感染予防に使えたりと、コロナ時代では何かと便利なアイテムです。

実例:MT07ヘッドライトバルブの交換方法と手順

ここからは、実際のヘッドライトバルブ交換の方法と手順を紹介していきます。

大まかな手順としては、以下の4つのプロセスで進めます。

ヘッドライトユニットを外す
古いバルブを外す
新しいバルブを装着する
ヘッドライトユニットを装着する

一つずつ、詳しく解説していきますよ。

①ヘッドライトユニットを外す

左右のボルトを外す

まずは、ヘッドライトユニットを固定しているボルトを、六角レンチで外しましょう。

上の画像の白線で囲んだボルトです。

こんな感じで左右のボルトを外していきます。

ヘッドライトユニットを外す

ボルトが外れたら、ヘッドライトユニットを外していきます。

こんな感じで上部から指をかけながら、前方に引っ張ってあげると簡単に外れます。

パカッと外れました。前方に首を垂れるような姿になります。ケーブルでつながっているので完全には外れませんが、バルブを交換するだけならこの状態でOKです

ウインドスクリーンは外さなくてよい?

オプションパーツでウインドスクリーン(風防)を装着している人も多いかと思いますが、ウインドスクリーンは外す必要はありません

②古いバルブを外す

カプラーとカバーを外す

ユニットが外れたら、バルブ装着部にアクセスするために、カプラーを外します。

上の画像の白線で囲んだ箇所がカプラーです。これを引っこ抜きます。

カプラーを外したら、そのまま黒いカバーを外しましょう。

こんな感じでまるっと外れます。ふにゃふにゃした柔らかい素材ですが、引っ張れば取れます。

バルブホルダーを外す

カバーを外すと、以下の画像のように、バルブ装着部が見えてきます。

バルブを押さえつけて留めている金属のホルダーを外します。

上の画像が外れた状態です。少し力が必要ですが、指で押しながら外していきます。

ホルダーが外れない!?

この金属ホルダーは簡単には外れないようになっているので、少しコツが必要かもしれません。ホルダーが引っかかっている箇所を確認して、いったん奥に押し込むような形でぐっと押します。その状態のまま、さらに上方向にずらしてあげると外れますよ。暗い場所ではホルダーを留めてる部分が見えにくいので、しっかりライトで照らしてあげましょう。

バルブ(電球)を外す

ここまできたら、いよいよバルブを外せる状態になります。プラグを持ってバルブを引っ張ってあげると、そのまま簡単に外れます。

こんな感じで外れます。ちなみに、これは古いバルブなので、まだこの時点ではビニール手袋を装着していません。

③新しいバルブを装着する

バルブを装着する

いよいよ新しいバルブを装着していきます。ビニール手袋を用意している人は、このタイミングで必ず身につけましょう

ガラス面に絶対に触れないように、プラグ部分を持ちながら慎重に作業しましょう。

装着する上下方向があるので、しっかりと方向を合わせましょう

こんな感じで、3つの突起を結んだ三角形の底辺が下になるようにセットします

ホルダーを留める

バルブをセットしたら、ホルダーを留めましょう。

外した時とは逆に、ぐっと押し込みながら下方向にずらしていき、留め具に引っ掛けます。

カバーとカプラーをつける

ホルダーを留めたら、カバーとカプラーをつけていきましょう。

外すときとは逆に、①カバー ⇒ ②カプラーの順でつけていきます

④ヘッドライトユニットを装着する

ボルトを締める

ユニットをもとの状態に戻してあげて、左右のボルトを締めましょう。

ボルトがきっちり締まらない?

ボルトを締めた時にすき間ができる場合がありますが、これは異常ではありません。以下の画像で示したように、サービスマニュアルにもこのことが記載されています

実際に僕の場合もすき間ができてしまい、「何かミスしたかな?」と疑問に感じたのですが、そうではありませんでした。その後しばらく走行してトラブルもなく、通常に使用できていますので、同様のケースが発生しても不安になる必要はありませんよ。

ヘッドライトの点灯確認

これで交換作業は終わりです。エンジンをかけて、ヘッドライトが正常に点灯しているか確認しましょう。ロービーム、ハイビームの両方でチェックします。

MT07ヘッドライトバルブ交換で得られた体感効果

ロービーム

次に、今回のヘッドライトバルブ交換で、実際に僕が体感できた効果・インプレッションについて解説していきますよ。

純正品と比べて明るい!

ハイビーム

まず、最も大きな効果としては、純正品と比べて明るくなったことです。今回使用したバルブが高効率バルブなので、純正品と比べてかなり明るさ感は増しましたね

夜間走行が怖くない!

次に感じた大きな効果としては、ライトが明るくなったので夜間走行が怖くなくなりましたね。僕の場合、1日の走行で200~300kmの距離を走るツーリングが多いのですが、夕日を見て日没後に自宅やホテルに向かうことが結構あります。

そうすると、山の中や照明のない道を真っ暗な中、走行するような状況が結構な確率で発生します。ツーリング好きな人は誰しも経験があると思いますが、こういうシチュエーションでの走行って、かなり気をつかいますよね?

それが、ライト交換後は、暗い道も明るく照らせるようになったので、恐怖心が和らいで落ち着いた気分で快適に走れるようになりました

実際のシーンを以下の画像で紹介しますね。

ロービーム点灯時。これだけでも十分明るい。
ハイビーム点灯時。カーブの奥まで見通せる。

上の画像は、日没後に岐阜県の山間部を走ったときの一場面です。実際は写真で見るよりももっと暗くて、真っ暗な田舎道という感じの場所でした。

当然、照明の無い暗い道でしたが、ご覧の通り、ロービームでも十分明るく照らせています。さらにハイビームにすると、相当明るくなりました。

これなら、イノシシやシカ等の動物をはじめ、無灯火の自転車や黒い服で見えにくい歩行者なども、はっきりと視認することができそうです。暗い道でのライトの明るさ感は安全性に直結するので、これはとても頼もしいですね。

おすすめバルブの紹介(インプレ付)

最後に、今回僕が使用したおすすめのバルブを紹介しますね。

商品:PIAA バイク用ヘッドライトバルブ ハロゲン 3200K

今回使用したのは、国内メーカーPIAA製のハロゲンバルブです。

PIAA ハロゲンバルブ 3200K H4 高耐震性能20G 1年保証
信頼の国内メーカーPIAA製のハロゲンバルブ。135/120W相当の高効率バルブなので、純正品に比べてロー/ハイともかなり明るくなります。また、耐震仕様かつバイク専用設計なので、高耐久でライトの輝きが長持ちします。

色温度は3200K・4100K・5100Kの3種が展開されていて、僕がチョイスしたのは自然な色合いの3200K。純正に近い色合いなので、違和感なくそのまま使用できますよ。

色温度とは?

光の色合いを表した数値(K)のことです。バルブの色温度が高くなる(数値が大きくなる)ほど、白い色味になります。反対に色温度が低くなる(数値が小さくなる)ほど、黄色っぽい色味になります。たまに青いライトのバイクを見かけたりしますが、あれは色温度が高いバルブのガラス面に着色してあるからです。着色してある分、透明なガラスより透過率が落ちてしまい、暗いライトになります。

ポイント①耐震性があるバイク専用設計!

今回紹介したPIAA製ハロゲンバルブのおすすめポイントを紹介しますね。まずは何と言っても、耐震仕様のバイク専用設計だということでしょう

たまに、安いからといってクルマ用のハロゲンバルブを流用している人がいますが、バイクと違って耐震仕様じゃないのですぐに壊れます。バイクは高回転・高振動の乗り物なので、ちゃんと専用部品を使うようにしましょう。

ポイント②明るさ感135/125W相当の高効率バルブ!

もう一つのおすすめポイントは、純正品と比べてハッキリ差が体感できる、明るさ感135/125W相当の高効率バルブだということ。なおかつ消費電力は純正品とほぼ変わらないため、体感効果は大きいです。

MT-07の純正バルブが60/55Wであるのと比べると、相当な明るさであることがわかりますね

高効率バルブとは?

フィラメントの明るさをアップさせる特殊設計やハロゲンガスの配合等で、純正品より明るさをアップさせたバルブのこと。消費電力は純正品とほぼ変わらず、明るさをアップさせることができます。

まとめ:MT07のヘッドライトバルブ交換は簡単!

ここまで、MT-07のバルブ交換について必要な道具や具体的な手順について解説してきました。思ったよりも簡単だと感じていただけたのではないでしょうか?

必要な道具と手順さえ間違わなければ、誰でも簡単にできるメンテナンスなので、ぜひ本記事を参考にバルブ交換にチャレンジしてみてくださいね。

バルブの球切れはもちろん、カスタムで明るさアップしたい人、ライト色を変えたい人も、ここで紹介した道具を使えば簡単にできますよ


PIAA ハロゲンバルブ 3200K H4 高耐震性能20G 1年保証
信頼の国内メーカーPIAA製のハロゲンバルブ。135/120W相当の高効率バルブなので、純正品に比べてロー/ハイともかなり明るくなります。また、耐震仕様かつバイク専用設計なので、高耐久でライトの輝きが長持ちします。
コモライフ ポリエチレン手袋 100枚入 Mサイズ
Amazon売れ筋No.1のビニール手袋。オイル交換はもちろん、バルブ交換や日常整備などあらゆるメンテナンスで役立ちます。また、ツーリング先の給油でサッと取り出して感染予防に使えたりと、コロナ時代では何かと便利なアイテムです。
E-Value 六角棒レンチセット 13本組
バイク整備に必要サイズを網羅したセット品。この1セットがあれば、バイク整備で出会うほとんどの六角穴ボルトに対応できるようになりますよ。

MT-07の整備に関しては、オイル交換やレバー交換の手順、サスペンションの調整方法も紹介しています。以下の記事もチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です