MT-07の年間維持費はいくら?1年半乗って実際にかかった費用を公開【図解】

MT-07の年間維持費はいくら?1年半乗って実際にかかった費用を公開!

MT-07の年間維持費(ランニングコスト)を、図表とグラフを使って解説します。

2019年9月に新車購入してから、約1年半が経ちます。これまでの走行距離は約2.4万km。定期点検やタイヤ・エアクリーナー・プラグ交換など、一通りのメンテナンスも経験しました。

およその年間維持費が見えてきたので、この機会にまとめてみます。

ふるけん
ふるけん

これからMT-07を購入しようとしている人、すでに乗っているけど維持費を安くしたい人などは、参考にしてみてくださいね。節約できる費用・できない費用についても解説しますよ

前提条件

バイクの使用状況や環境が変われば、維持費も変わります。ということで、まずは前提条件を5つ記載しておきますね。

①車両は現金一括購入で

2019年モデルの新車を現金一括で購入しました。これは維持費というより、初期費用になります。もしローン分割払いの場合は、毎月の金額が維持費になりますね

②各種保険はもれなく加入

僕の場合は、任意保険・盗難保険・ロードサービスに加入しているので、それぞれ費用がかかっています。盗難保険に入っていない人は、その分の費用が浮くことになりますね

③定期点検・メンテナンスはしっかり

6か月点検や1年点検などは、購入店のYSPでしっかりと受けています。僕はできるかぎりプロに任せたいタイプなので、定期点検とあわせてプラグ・エアクリーナー交換も依頼しています。

その他セルフメンテは、オイル交換とチェーンメンテぐらい。オイル交換に関しては、基本的に3,000km~4,000kmごとの頻度で実施。

チェーンオイルは500kmごとを目安に注油。洗車は1~2か月に一度のペースですね。

④月極駐車場を契約

僕は都内在住で、居住しているマンションには駐車スペースがありません。ですから、近辺の月極駐車場を別途契約して駐車しています。これが結構バカにならない金額です(月額6,000円)。

自宅に無料で駐車できる人は、この費用はゼロになります

⑤ツーリング主体

基本的にツーリングでしか乗らない週末ライダーです。関東甲信越エリアでの日帰り~1泊ツーリングがメインです。たまに平日の夜に都内で1~2時間のナイトランもします。

大型連休や休暇時にはロングツーリングもします。MT-07で北海道・東北・四国にも行きました。そんなツーリング主体の乗り方で、年間走行距離15,000km以上走っています

1年半にかかった総費用

さて、前提条件も確認できたところで、ここからは実際に1年半にかかった総費用を紹介していきます

維持費内訳表

まずは内訳表で詳細を確認してみましょう。

費目金額備考
1.ガソリン代125,754円総走行距離23,821kmに対するもの。
平均燃費は25.57km/L
2.オイル交換36,081円初回は初回点検とあわせてYSPで実施。
2回目以降はセルフ交換。計6回分
3.定期点検40,220円6か月、1年の定期点検
4.自賠責保険14,950円37か月分
5.任意保険16,470円バイク保険
6.盗難保険27,900円ZuttoRide盗難保険
7.駐車場代111,030円月額6,050円と初回契約料
8.軽自動車税6,000円
9.タイヤ交換57,800円ミシュラン ROAD5、工賃含む
10.プラグ交換2,740円二気筒分の2本で
11.エアクリーナー交換2,800円1個
12.修理代25,916円ハンドルバー・ハンドルロワー交換、
エンブレム交換
13.高速道路・有料道路料金116,960円ほぼ高速料金
14.洗車メンテナンス4,000円10回分+洗車道具
15.バイクカバー5,065円YAMAHA バイクカバーEタイプ
合計593,686円
集計期間:2019年9月~2021年3月の1年半

補足

いくつか補足します。

タイヤ交換

初期装備のミシュラン「PILOT ROAD3」から次世代モデル「ROAD5」への履き替えです。YSPで1年点検とあわせて交換してもらいました。交換時の総走行距離は16,470kmでした

タイヤの種類やどのお店で交換するかによって費用が変わりますが、6万円前後が相場じゃないでしょうか。

プラグ・エアクリーナー交換

これも1年点検とあわせて、総走行距離16,470kmでの交換です。YSPの整備士の人が言うには、「だいたい2万kmを目安に交換」だそうです。

僕の場合は、年間の走行距離が多く、次の点検までに2万kmを超えるのが確実だったので、このタイミングで交換しました。整備知識があって慣れている人は、自身で交換できるかもしれませんね。その場合は費用が安くなるでしょう。

修理代

路肩のぬかるみで転倒して損傷したハンドルとエンブレムを交換しました。

停車しようとしていて時速15kmぐらいだったので、車両ダメージはたいしたことなかったですが、精神的なダメージがかなり大でしたね・・・。

ふるけん

ハンドルバーに若干ゆがみが出て、気にならない人は気にしない程度のレベルでしたが、僕はどうしても気になったので思い切ってハンドルごと交換しました。もちろん、転倒なんかしなければこんな費用はかからないわけで(笑)

思わぬ出費にならないよう皆さんも転倒や事故には気を付けてくださいね。

高速道路・有料道路料金

基本的に高速を使ってツーリングスポットに行くスタイルです。都内から東名高速を使って富士・箱根・伊豆方面に行ったり、アクアライン経由で房総半島に行ったりするのが多いですね。

その他、関東甲信越を中心に長野や群馬、栃木にも足を伸ばします。ロンツーでいうと、北海道ツーリングでは仙台港、青森ツーリングでは青森市まで自走しました。

MT-07の年間維持費

ここまで、MT-07を新車購入した後の1年6か月でかかった実費用を紹介してきました。それでは次に、これらの総費用を年間コストに換算してみましょう。

年額換算

年額換算の方法ですが、走行距離や期間に応じて変動する費用を単純に18か月割して月平均し、それに12か月を乗じます。具体的には、上表の1.ガソリン代、2.オイル交換、7.駐車場代、13.高速道路・有料道路料金、14.洗車メンテナンスです。

そうして年額に換算した年間維持費が、以下の表です。

費目金額構成比
1.ガソリン代82,547円18%
2.オイル交換24,054円5%
3.定期点検40,220円9%
4.自賠責保険14,950円3%
5.任意保険16,470円4%
6.盗難保険27,900円6%
7.駐車場代74,019円16%
8.軽自動車税6,000円1%
9.タイヤ交換57,800円13%
10.プラグ交換2,740円1%
11.エアクリーナー交換2,800円1%
12.修理代25,916円6%
13.高速道路・有料道路料金77,973円17%
14.洗車メンテナンス2,666円1%
15.バイクカバー5,065円1%
合計461,120円100%

はい、ようやく出てきました。僕のケースでは、

MT-07の年間維持費はずばり、16,470km走行して約46.1万円でした。

MT-07維持費レビュー

率直な印象としては、「まあそんなものかな~」という感じで、高くも低くもないかなと思いました。

ただ、構成比を算出して全体をじっくり俯瞰してみると、また違った印象を受けます。

MT-07年間維持費コスト
MT-07年間維持費の構成比グラフ

節約すべきでないところ

こうして見ると、ガソリン代や高速道路・有料道路料金、駐車場代で半分を占めているのがわかります。ガソリンと道路料金は、そもそもツーリングしたり絶景ロードを走ったりするのに不可欠です。

MT-07の平均燃費は25kmと、大型バイクとしてはかなり優秀なほうです。高速利用時は30km越えも可能ですし、燃費を良くしようなど特別なことをする必要はありません。

燃費については別記事で詳しくまとめているので、以下の記事もチェックしてみてくださいね。MT-07の燃費と給油コストがぜんぶわかりますよ。

ふるけん

MT-07の燃費は悪い?平均どれぐらい?1年半のデータと良くする方法を紹介! MT-07の燃費は平均どれぐらい?1年半の給油データとライバル車比較から完全検証!

駐車場代が高くつきますが、賃貸マンションの自宅に保管スペースがない以上、仕方ありません。駅前の公営駐車場など、半額の3,000円前後で利用できる場所もあります。

しかし、いたずらやトラブル、盗難リスク等が心配なので、駐車場代は安心料の意味でも切り詰めるべきではないです

節約の可能性がある(安くできそうな)ところ

その他の費用も基本的に必要なものなので、不用意に削減したりすべきではないのですが、節約できそうな可能性はありそうです。

まずタイヤ交換でしょう。ウェブで他のMT-07乗りの方のブログを見ていると、「東京都内の激安店で4万円未満でROAD5にタイヤ交できた」という情報を見ました。僕はYSPで5.7万円かかったので、単純に1.5万円以上の節約になりそうです。

ただ、激安店で交換するとタイヤ製造年月日が古かったりするので注意が必要です。安さの裏に秘密あり、ですね。ちなみに、YSPで交換したときは、半年以内に製造されていたまぎれもない新品タイヤでしたよ。

ふるけん

次に、盗難保険でしょうか。以下の理由などから、僕の場合では次回更新しなくてもよいかもなと思っています。

  • 正直、MT-07はそこまで盗難されやすい車種ではない
  • オートロックドア付で地球ロックできる高セキュリティの場所に駐輪しているので、盗難リスクがかなり低い
  • ほぼツーリングでしか使わず、かつ旅先での盗難リスクも低い

それからオイルについて。僕は節約すべきでないと思いますが、人によっては激安オイルで費用を抑えている人もいるようですね。僕はメーカー指定の「YAMAHA プレミアムシンセティック」を使っています。

ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA2 10W-40 4L
中型~大型バイクに強くおすすめしたい、ヤマハ純正の高品質オイル。100%化学合成油でハイパフォーマンス、なのに価格はお求めやすく、コスパが非常に高いです。1L缶より4L缶で買うのが圧倒的にお得。400CC以上のネイキッド、スーパースポーツにおすすめ。規格・ベースオイルは、JASO規格MA2・化学合成油。

興味本位で、R1とかの指定になっている最上位オイル「YAMAHA レーシング RS4GP」も使いましたね。確かに、シフトフィールの良さや、それが持続する品質の高さを実感できました。

ヤマルーブ RS4GP 4L
ヤマハ純正オイルの最高峰。YXF-R1やCBR1000RRなど各メーカーを代表する、本気のスーパースポーツにおすすめのフラッグシップモデル。高価格なので、まとめ買いできる4L缶サイズがおすすめ。規格・ベースオイルは、JASO規格MA2・100%化学合成油。

まとめ

以上、MT-07に乗り始めて1年半でかかった総費用と年間維持費について、僕の体験情報をお届けしてきました。いかがだったでしょうか。

数字で把握するって大事

個人的には、こうして数字で実際の費用を把握するのはやはり大事なことだなと思いました。これまでは出費の都度、なんとなくその時の感覚で「高いかな、安いかな」など考えていました。

しかし、こうやって全体から見ると、「高いけど絶対に外せない費用」「高くはないけど、ひょっとしたらもっと節約できるかもしれない費用」があることに気づきます。今後は、そうした全体感の中で、年間維持費を捉え直そうかなと思いました。

たくさん走って、バイクも大事にするなら年間35万円

同じバイクを買ったとしても、乗り方・使い方は人それぞれなので、僕のケースがそのまま参考になるかはわかりません。ただ、

「たくさん乗って年間15,000kmぐらいは走りたい!」
「大切な愛車のメンテナンスにはしっかりお金をかけたい!」

という人にとっては、今回のデータが参考になるはずです。上記のような使い方を想定すると、MT-07の維持費は年間35万円※と見ておくべきでしょう。これからMT-07の購入を考えている人、いま実際に乗っている人の参考になれば嬉しいです。

※今回のデータから駐車場代、修理代を除いた金額を目安とした

今回は1年半というタイミングでのまとめでしたが、次回は2年の節目にまたこんな感じでまとめてみようと思います。

今回の維持費に含めていない費用として、「バイクウェアなどの装備品」「旅先の食事代や宿泊費」「MT-07カスタム費用」などがあります。ここでは純粋な車両維持費にスポットをあてましたが、こうした費用についても別の記事でまとめてみたいですね。

ふるけん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です