若草山と高野龍神を走る。奈良・和歌山のパワスポと絶景を巡るバイクツーリング

若草山と高野龍神を走る。奈良・和歌山のパワスポ古墳と絶景を巡るバイクツーリング

ふるけん
ふるけん

2022年GW、6日間のツーリングで関西一周を達成。ライダーなら一度は走りたい、絶景ロードをたくさん巡りました。そんな一生忘れられない感動の連続を、デジタル一眼で撮影した高精細な写真とともにレポート。モデルルートとしてツーリング企画に役立ててくださいね。

旅の3日目は、パワースポットとして名高い「若草山」と「高野龍神」エリアを走ります。

関西のバイク・クルマ好きが集まる絶景ロード「奈良奥山ドライブウェイ」、「高野龍神スカイライン」の走行レポートをお届けしていきます。地元で人気の絶品グルメも紹介。

それでは、関西を周遊する絶景ツーリング紀行のはじまりです。

(前回 Day2のレポート

絶景ロード「奈良奥山ドライブウェイ」を走る

まずやって来たのは、観光有料道路の「奈良奥山ドライブウェイ」。桜や紅葉など、四季折々の美しさを楽しめる絶景ツーリングスポットです。

料金所~若草山頂に至る「新若草山コース」を走行

奈良奥山ドライブウェイは、新若草山コース、奈良奥山コース、高円山コースの3つのコースから成ります。

ふるけん
ふるけん

今回は、若草山頂を往復する新若草山コースを走ります。

青モミジのトンネルと新緑のシャワーで気分爽快

料金所から走り出すと、早速絶景ポイントを発見。青モミジのトンネルです。

ふるけん
ふるけん

新緑のシャワーを浴びて気分爽快!

しばらく進むと、新若草山コースの見どころポイント、「大仏殿ビュースポット」に到着。

ふるけん
ふるけん

国宝の東大寺大仏殿を展望する絶景ポイント。

ここは、春は桜でピンクに染まります。しばらく景色を楽しんだら、山頂に向かってさらに進みます。

道はヘアピンが連続するつづら折りになっていて、スピードはあまり出ません。

ふるけん
ふるけん

景色を楽しみながら山頂までのんびりと走る道です。

若草山頂から古都・奈良の絶景を一望

片道3.7kmの道のりの先に、若草山頂があります。

ふるけん
ふるけん

シカを発見!

タイミングがよければ、こんな感じで鹿(シカ)がいます。写真以外にも結構いて、10頭ぐらいはいましたね。

鹿を見るのもいいですが、本命は山頂からの景色。

こんな風に、奈良盆地を見渡せる素晴らしい眺望を楽しめます。

ふるけん
ふるけん

「おぉー!」と思わず声をあげてしまったほどの絶景。

この日は雲一つない快晴。古都・奈良の街並みを見下ろしながら、鹿もくつろぐのどかな絶景を満喫します。

遠くには、奈良と大阪を隔てる生駒山や金剛山などが見えます。若草山は標高342mと高くないですが、視界を遮るものがないので眺めがいいですね。

ふるけん
ふるけん

夜景もきれいなようで、新日本三大夜景の一つになってます。

山頂からの景色を堪能した後は、明日香村にあるパワースポットに向かいます。

ふるけん
ふるけん

とその前に、ちょっと休憩。

道の駅「針テラス」で小休止

国道369号を南下していくと、道の駅「針T・R・S(テラス)」があります。

ふるけん
ふるけん

ライダーに人気で、SNSでもよく見かけますよね。

レストランや土産物など、かなり充実している大型の施設。

バイク好きには、クシタニのショップがあることでも知られていますね。

ふるけん
ふるけん

この日も多くのライダーで賑わってました。

国道369号を進み、明日香村に到着。

古都のパワースポット「石舞台古墳」を観光

続いてやって来たのは、明日香村随一のパワスポ「石舞台古墳」。観光がてら、古代の神秘を感じます。

ふるけん
ふるけん

奈良観光といえばやはり古墳!

飛鳥時代を代表する日本最大級の方墳

奈良県明日香村には、「高松塚古墳」や「キトラ古墳」など、教科書に載っているような有名古墳が集中しています。

その中でも、石舞台古墳は筆頭格で、謎の巨大古墳として知られています。

ふるけん
ふるけん

この日も観光客でいっぱいです。

総重量2300トンの巨石を積み上げた謎の巨大古墳

巨大な石が積み上げられた石舞台古墳の総重量は、なんと2300トン!

方墳としては日本最大級のサイズを誇ります。7世紀はじめに築造されたと見られていて、当時力を奮っていた蘇我馬子の墓ではないかと言われています。

芝生でゆっくり休憩した後は、次なる目的地へと向かいます。

ふるけん
ふるけん

お昼時になってきたので、昼食タイム。

昼食:奈良県吉野郡の人気中華店で名物料理

明日香村からさらに南に下っていくと、国道169号沿いに美味しそうな中華料理店を発見。

「中華料理 萬盛 大淀店」です。

ふるけん
ふるけん

奈良・京都で複数店舗を展開している、人気中華店。

オーダーしたのは、酢豚定食。税込み980円とリーズナブルながら、ボリューム大です。

ここの名物は、なんといっても「ジャンボ唐揚げ」。全定食についてくる付け合わせです。

大きな唐揚げは2個あって、これだけでメインのおかずになりそう。巨大ながらも味は抜群で、揚げたて熱々とってもジューシー。

もちろん、メインの酢豚も本格中華の味わいで、かなり総合力の高い定食でした。

奈良っぽさは全くないですが、かなりおすすめです。

ふるけん
ふるけん

ちなみに、さらに安い800円未満のランチセットもありました。

お腹が満たされたところで、再び南へと進みだします。次なる目的地は、和歌山県。

国道168号を南下しながら、南紀の奥深い山々を進んでいきます。

ふるけん
ふるけん

途中で見つけた雲海景勝地。

絶景ロード「高野龍神スカイライン」を走る

やって来たのは、関西の代表的なツーリングスポット「高野龍神スカイライン」。

ふるけん
ふるけん

標高1000m級の尾根を行く絶景スカイライン。

関西屈指の絶景ツーリングスポット

高野龍神スカイラインは、高野山と龍神温泉を結ぶ全長約43kmの山岳道路で、関西屈指のツーリングスポットとして人気があります。

ブナなどの原生林が広がっていて、春には新緑、秋には紅葉の絶景を楽しめます。

ふるけん
ふるけん

まぶしいぐらいの新緑が美しい。

南紀の奥深い山並みを縦走する山岳ルート

もとは観光有料道路として開通したため、完全2車線の走りやすい道です。

「紀州の屋根」と呼ばれる南紀の奥深い山々を見渡す、展望のよいルート。比較的速度域の高い、中高速ワインディングを楽しめます。

ふるけん
ふるけん

ライダーが多く集まる、関西ツーリングの定番スポット。

名物「ごまさんスカイタワー」から大パノラマを展望

この道の最高標高は、ごまさんスカイタワーのある付近で約1300m。天空に向かって伸びる塔が、一際目立ちます。

名物となっているスカイタワーにのぼると、素晴らしい展望を楽しめます。

こんな感じで、深い山々を一望できます。

ふるけん
ふるけん

展望室にガラス窓がなければもっとよかったけど…。

タワーは、道の駅「ごまさんスカイタワー」の施設内にあって、売店やトイレなどもあります。

道の峠にあたるので、休日にはたくさんのバイク好きが訪れます。

ふるけん
ふるけん

この日もたくさんのバイク。

だいぶ日が暮れかかってきたところで、高野龍神スカイラインを走り抜け、今夜の宿を目指します。

海の近くにある御坊市のホテルに到着。

ふるけん
ふるけん

奈良から和歌山まで一気に走り抜けました。

3日目の走行距離: 310km

つづく


ツーリングマップル 関西2022
ライダーなら1冊は持っておきたい定番マップの関西エリア版。ベテランライダーによる実走取材で毎年、信頼度の高い最新情報にアップデートされています。おすすめルートは地図上でマーカーが引かれているので、走るべき道がすぐにわかります。主要な観光スポットをはじめ、道の駅や食事処、桜・紅葉スポットなども掲載されているので、これ一つで旅の企画とツーリングの幅がぐっと広がりますよ。

前の記事

絶景の山陰海岸ジオパークを走る。兵庫・京都の海岸美と奇勝を巡るバイクツーリング 絶景の山陰海岸ジオパークを走る。兵庫・京都の海岸美と奇勝を巡るバイクツーリング

次の記事

紀伊半島南岸を走る。和歌山の聖地と絶景、本州最南端を巡るバイクツーリング 紀伊半島南岸を走る。和歌山の聖地と絶景、本州最南端を巡るバイクツーリング