2020北海道ツーリング Day9:糠平国道~三国峠~ぬかびら源泉郷~ナイタイ高原牧場

北海道ツーリング2020-Day9

ふるけん

2020年夏、北海道の絶景をバイクツーリングで巡る9日間の旅に出ました。日本海に沿って延びる長大な絶景シーサイドライン、手つかずの大自然が残る道東を走る大展望ロードなど、ライダーなら一度は走りたい絶景ロードの数々を巡ることができました。そんな一生忘れられない感動の連続を、デジタル一眼で撮影した高精細な写真とともにレポートしていきます。ツーリング・ドライブの企画にお役立てください。

Day8では、糠平国道、ナイタイ高原牧場などを巡りました。

いよいよ旅も最終日。晴天に恵まれたので、Day2で曇りだった三国峠を再訪し、絶景を拝むことに成功しました。本州に戻る前、最後に食べておきたかった北海道グルメはというと・・・

それでは、北海道を巡る絶景ツーリング紀行、Day8のはじまり はじまり

Day8の主な旅程

絶景道:糠平国道(三国峠)

絶景道:ナイタイ高原道路

苫小牧港

朝の出発

いよいよ最終日。北海道ツーリングも今日で終わりとなる。

ちょっぴり名残惜しさを感じながら、キャンプ場を後にした。

今日は早い時間にツーリングを終え、あとはフェリー港への移動だ。2日目に訪れたときに曇天だった三国峠を再訪してみようと思う。その後は、ナイタイ高原牧場で観光する予定だ。

上士幌航空公園キャンプ場
ふるけん
ふるけん

長旅を支えてくれたキャンプギアに感謝しながら、撤収します。

ENDURISTAN トルネード2 完全防水防塵防砂ドラムバッグ
キャンプツーリングに定番のドラムバッグ。完全防水・防塵なのにリーズナブルで、コスパが素晴らしい傑作です。工具いらずで簡単に設置できるドラム型は、どんなバイクにも積載できて使い勝手抜群。形状と構造がシンプルなので、リアシートが狭いスポーツタイプのバイクにも積載しやすいですよ。

ENDURISTAN ブリザード 完全防水防塵防砂サドルバッグ L
スイスの防水バッグメーカー「エンデュリスタン」の定番サイドバッグ。工具無しで簡単に取り付けられるので、オフロードバイクはもちろん、ネイキッドなどスポーツタイプのバイクにもおすすめです。完全防水・防塵で、ロングツーリングやハードなライディングで大活躍しますよ。

糠平国道

上士幌から糠平国道(国道273号)を北上して三国峠へ向かう。この旅の2日目にも一度訪れているが、その時は曇天だったため、期待していた景色を見ることができなかった。

今回はどうかというと…

峠付近

雲はあるが天気は晴れ。今日はよい眺めが期待できそうな予感。

この道は、絶景ロード100選に選出されている。見どころやアクセスなどの詳細情報は、以下の関連記事から確認可能だ。

糠平国道(三国峠)-バイクで巡る絶景道(日本百名道) 糠平国道(三国峠)-絶景ロードNo.007

三国峠

三国峠から大雪山系を一望する。眼下には見渡す限りの原生林。手つかずの大自然の絶景に心を奪われる。

三国峠
峠からの眺め

松見大橋

三国峠からの眺めもよいが、少し下った場所から見える松見大橋と大雪原生林の眺めも一層素晴らしい絶景だ。突然現れる巨大建造物の人工美と大自然のコントラストが、他には無い独自の景観を作り出している。

松見大橋

上士幌からここまでは約1時間かかるため、往復することを考えると決して近いとは言えない。しかし、手間を惜しまず再訪して本当によかった。この景色は間違いなくここでしか見られない。

ひがし大雪自然館

糠平国道を引き返す復路で、ひがし大雪自然館と温泉公園に立ち寄ってみる。

案内板

ひがし大雪自然館は、大雪山国立公園の東大雪地域を中心とした自然や歴史、地域の情報を発信する博物展示施設だ。周辺の地域に住まう生き物の標本や展示が充実している。

トンボの標本
エゾシカの角

ぬかびら源泉郷

糠平湖の湖畔にある温泉街が、ぬかびら源泉郷。100%源泉かけ流しが特徴の趣ある温泉街だ。宿泊施設や日帰り入浴もあるが、無料の足湯が併設された温泉公園もある。

公園内の足湯

本当なら温泉に浸かっていきたいところだが、手軽に足湯を楽しむことにした。日陰でのんびりと足を温めながら、リフレッシュすることができた。

無料で足湯を楽しめる

白樺林

糠平湖付近の道では白樺林の眺めがよい。緑が美しい爽やかな風景の中を快走していく。紅葉の秋もまたよさそうだ。

爽やかな白樺並木道

国道沿いには旧国鉄士幌線幌加駅跡があり、歴史を感じられる観光スポットになっている。残された線路が草に覆われていく様子に、どことなくノスタルジーを感じる。

幌加駅跡
白樺林

糠平国道の走りを満喫下後は、ナイタイ高原牧場に向かう。

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場は、総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)の広さを持つ日本最大の公共牧場。牛たちがのんびりと草を食む牧歌的な光景も見られ、広大な土地の圧倒的スケール感を楽しめる。

放牧中の牛たち
広大な牧草地

ナイタイテラス

頂上付近には2019年に新規オープンした「ナイタイテラス」があり、雄大な牧場の景色を展望テラスから楽しめる。高台から十勝平野を一望すると、地平線まで見通せる絶景が広がる。

十勝平野を一望する

レストランも併設されていて、ナイタイ和牛を使ったハンバーガーやソフトクリームを味わえる。全面ガラス窓の展望カフェでは、ダイナミックな景色を眺めながら食事を楽しめる。

全面ガラス窓の展望カフェ
絶品ソフトクリーム

実際に行ってみてわかったことは、「とてもきれいな牧場」だということ。景色だけでなく施設も新しくきれいで、お洒落スポットでさえあるように見えた。

高原ドライブ

ナイタイ高原牧場の魅力はこれだけではない。

入口ゲートから標高800mまで駆け上がる牧場内の約7kmの道は、広大な牧草地を縫うように走る絶景ドライブルート。なだらかな起伏の丘陵地をうねるようにしてアップダウンする快走路だ。

高原地帯を貫く道

広大な土地に緑の芝のじゅうたんがどこまでも続いていて、雄大な景色に感動する。この道だけでも十分に楽しめるツーリングスポットだ。

牧草地がどこまでも続く

帯広でランチ

高原地帯から十勝平野に下って、帯広市街へと向かう。実はこの日、どうしても食べたいメニューがあった。それは、この旅の初日にも食べた十勝豚丼。

この味が忘れられず、東京に帰る前にもう一度食べておきたかったのだ。絶品豚丼ランチでパワーを補給して、最終目的地となる苫小牧港へと向かう。

Day2に続き二度目の豚丼

苫小牧港へ

帯広から苫小牧港までは約3時間の道のり。これまでに訪れた各地の思い出を振り返りながら、最後のドライブを楽しむ。

北海道の景色も見納め

麦わらロールや一直線の道など、北海道らしい風景もこれで一時見納め。広大な土地と自然に感謝しながら走る。

麦わらロール
アスファルトには夏の蜃気楼

十勝平野は日差しが強く、この日は気温30度以上。朝から走り続けていたこともあって、途中で頭がくらくらしてしまった。いま思えば熱中症一歩手前のような危険な状態だったかもしれない。こまめな休憩が大事。

いよいよ乗船・出航

出航時刻の前に無事、苫小牧港へ到着。太平洋フェリー「きたかみ」に乗船して仙台港へと向かう。バイクでの乗船も油断せず慎重に進入。

きたかみ

乗船後しばらくして、いよいよ出航の合図。汽笛が鳴る。時刻は19時。あたりが暗くなった中、港を離れ別れを告げる。

さよなら、北海道。

出航
さよなら北海道

旅の終わり…

全9日間にわたる僕の旅が終わりを迎えた。

振り返ると、最初は苫小牧から帯広へと向かい、苫前、稚内と日本海に沿って北上。次に紋別、知床とオホーツク海に沿って南下。そして厚岸、釧路と太平洋に沿って西進。

道北と道東を周遊する形で、その土地の美味しいものを食べ、歴史を知り、素晴らしい景色を眺めることができた。旅ならではの人との出会いもあった。

中でも景色については、北海道に来なければ絶対に見られなかった、感動的な風景とたくさん出会えた。

「日本にもこんな絶景があるのか!」と思わせてくれたし、「やっぱり日本の風景っていいなあ、心が和むなあ」と改めて気づかせてくれた。

自分の世界が少し広がったと思う。一方で、僕がまだ知らない北海道の魅力もたくさんあるので、来年も再来年も時間が許す限り、この北の大地をツーリングしたい。

おわり


Day9 の走行距離 : 391km

全9日間の総走行距離 : 2,611km ※東京⇔仙台の移動距離を除く

前の記事

北海道ツーリング2020-Day8 2020北海道ツーリング Day8:野付半島~別海~北太平洋シーサイドライン~厚岸~釧路湿原

参考:北海道ツーリングの費用まとめ

全9日間の北海道ツーリングにかかった費用や、実際に行ってみた感動したおすすめのツーリングスポットなどは、参考情報として以下の記事にまとめてみた。

北海道のおすすめ絶景ツーリングルート・スポット11選を紹介【まとめ】 北海道のおすすめ絶景ツーリングルート・スポット11選を紹介【まとめ】

以下の記事では、フェリー移動も含めた全11日間にかかった実際の費用を、宿泊費・食費など内訳表にして全部公開している。旅の予算を考える参考になるので、ぜひチェックしてみてほしい。

【図表でわかる】北海道ツーリング費用を全公開!2020東京発の実例と試算表 【図表でわかる】北海道ツーリング費用を全公開!2020東京発の実例と試算表
ツーリングマップル 北海道2021
北海道を訪れる全ライダー必携の書。ツーリングマップルがなければ、北海道ツーリングの楽しみは半減してしまうと言っても過言ではありません。あなたが走るべき道は、すべてここに載っています。北海道を走っていると、スマホの電波が入らない場所がありますが、これがあればそんな時でも安心してツーリングを楽しめます。

北海道キャンピングガイド2021
北海道キャンプのバイブルとも言うべき超定番ガイドブック。北海道在住の編集局が、現地で直接見聞きした情報が掲載されているので、生きた最新情報が手に入ります。掲載写真など情報量が豊富で、特にバイクのサイト乗り入れの可・不可がすぐにわかるのが嬉しいポイント。読者が選ぶ「行ってみたいキャンプ場」や5段階の☆でランク付けがあるので、おすすめのキャンプ場が簡単にわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です