東京モーターサイクルショー2022に参戦!会場の様子や注目の新型バイク、美女モデルも写真でレポート

東京モーターサイクルショー2022に参戦!会場の様子や注目の新型バイクを写真でレポート

2022年3月26日(土)、3年ぶりの開催となった「東京モーターサイクルショー」に参戦してきました。

一通り会場を見て回る中で目に留まった、会場の様子や新型バイクなどを写真とともにお届けします。

ふるけん
ふるけん

本イベントで初披露となったバイクや「美しいバイク女子」など、たくさん写真に収めてきたので、ぜひ最後までご覧ください。

ビッグサイトに到着

やってきました東京ビッグサイト。ショーの開始は10時からなので、30分前ごろに到着。

会場は2フロア制で、各ブースへの入口が複数あります。人が多く、入口には早くも行列ができていました。

ふるけん
ふるけん

さすが国内最大級のバイクイベント。バイク好きがたくさん集まってきています。

9:40、ステージで見どころ案内

開場20分前、中央広場に用意されたPRステージでは、開幕に向けて国内4大メーカーの広報から見どころの宣伝が行われます。

会場を盛り上げるためか、メーカー広報のお隣には、OHLINSのモデルさん二人も登場。

ふるけん
ふるけん

マスクを外しての写真撮影タイムがしっかりと設けられていて、僕も撮影させてもらいました。SUZUKIの担当さんが手を振ったりと、撮影に慣れているなあと感心しました。

10:00、いよいよ開場!

見どころPRが終わると、いよいよ開場です。僕はSUZUKIのブースに近い入口に並びました。

10時ちょうどに入口が開き、一斉に人の波が動き出します。

SUZUKI公式ブースで気になるバイクを物色

YAMAHA乗りの僕がスズキのブースを一番に訪れた理由は、これです。

そう、この2月に発売されたばかりの新型バイク「GSX-S1000GT」です。

フロント周りのデザインが秀逸ですよね。ツーリング好きの僕としては、GT(グランドツアラー)の名を冠したこのバイクに注目していました。実際に見てみると、想像以上にスタイリッシュなデザインで魅力を感じます。

スクリーンは思ったよりコンパクトで、機能性よりもデザイン性重視といった感じ。長距離走行時の快適性がどの程度かは不明です。

そのほかにも、GSX-Rなどスーパーバイクを目にすることができました。

これは「参考出品車」と表示されていたバイク。いかにも速そうな車両ですね。

ショーに来ているのは、大人だけじゃありません。こども連れのファミリー層も多かったですよ。

ふるけん
ふるけん

スズキの隼にまたがる少年がかわいらしい! これはいい思い出になりそうですね。

20分ほど滞在してブースを出ようとしたら、早くも入場制限で順番待ちの案内が出ていました。特に4大メーカーのブースは人気で、午前中から行列ができていました。

「他の二輪メーカーのブースは厳しいかもなあ」と思いつつ、会場内をいろいろ見て回ることにしました。

美しいバイク女子(モデル)を発見!

こうしたショーにつきものなのが、モデルのお姉さん。美しいモデルさんたちが、バイクの魅力を一層引き立てています。

中国のタイヤメーカー「TIMSUN」のモデルさん。クールビューティな印象です。緑の魔眼がかっこいい…

一際センスが光っていたと思うのは、プジョーのモデルさん。

フランスの国旗を思わせるカラーリングと、どことなく漂う上品な感じが、ハイセンスですね。

モデルさんの服装にいやらしさがなく、とにかくキュート。スクーターとも非常によく合っていて、バイクの魅力が倍増していると思います。

このあたりの戦略がよく練られていて、さすがプジョーだなと感心しました。実際、男女問わず多くの参加客が「可愛い!」と叫んでました。SNSでも結構話題のようです。

ふるけん
ふるけん

セクシー系モデルの写真は、以下の関連記事で紹介しています。かなり刺激的なので、注意して見てくださいね。

セクシー美女モデルの写真放出!胸元露わで美脚衣装のコンパニオンに出会う、もう一つの東京モーターサイクルショー2022 セクシー美女モデルの写真放出!胸元露わで美脚衣装のコンパニオンが彩る、もう一つの東京モーターサイクルショー2022

気の向くままに会場をうろうろ

少し脱線しましたが、モデルさんたちを撮りにきたわけではありません。本命はバイク。

会場内をぶらぶらしながら、印象的なバイクたちをたくさん見つけました。

KAWASAKIの名車「Z-1」。ピカピカのマフラーが美しいですね。

同じブースで面白かったのは、KAWASAKIのバイクとYAMAHAのピアノを弾く女性のコラボ。

狙ったものかはわかりませんが、粋な演出ですね。

個人的に一番印象に残ったのが、KTMのバイク。昆虫のようなフロントが特徴的で、少し敬遠してたんですが、実際目にすると、これがかなりカッコいいんです。

こんなバイクが前から走ってきたら、絶対に目を引きますよね。

ここでも未来のちびっこライダーが脳内試乗を堪能中。将来はKTM乗りになるんでしょうか…

ドラゴンボールに出てきそうな見た目のバイクは、タイ製の「Gunner125」。バズーカ砲のようなデザインが、大人の遊び心をくすぐります。

ここは日本一のバイクの祭典の場。展示されるのは、何もガソリン車だけではありません。

自転車みたいな電動バイクで、重量わずか60kg程度。子どもでも簡単に跨れるサイズ。

働く電動バイク、aidea。マクドナルドの配達用バイクにも使用されていますね。

HONDAのブースで注目を集めていたのが、ホーク11。

往年の名車の名を冠したバイクに、なつかしさを感じる中年ライダーも多いはず。発売情報が待ち遠しい1台ですね。

ハーレーやトライアンフ、DUCATIなど、海外二輪メーカーのバイクも展示されています。

ハーレーのCVO。とにかく巨大で圧倒的なサイズです。

MFJトライアルデモンストレーション

会場は屋内だけでなく、走行用の屋外スペースも用意されています。

12:10スタートのトライアルショーを見に行きます。

プロライダー3人によるダイナミックなデモ走行を楽しみました。ジャンプの都度、会場からは大きな歓声が上がってました。

周囲には人垣ができていて、あまりよく見られませんでしたが、カメラを頭上にかざして何とか撮影できました。

ふるけん
ふるけん

デモ走行は早めに行って場所取りが必要ですね。

YAMAHAブースの注目バイク「MT-09 サイバーラリー」

最後にやってきたのは、YAMAHAの公式ブース。

事前の報道発表でも注目を集めていた、新型「MT-09 サイバーラリー」。

未来的な雰囲気でかっこいいですね~。参考出品とのことですが、ゆくゆくはワイズギアから販売されるのでしょうか…。

ちなみに、午後の時間帯には、YAMAHAも「1時間以上の待ち時間」になっていました。朝から歩きっぱなしで疲れたので、ここは並ばずにそそくさと会場を後にします。

ふるけん
ふるけん

東京モーターサイクルショー2022、楽しかったです! 主催者側はコロナ対応でいろいろ大変だったでしょうが、素晴らしいイベントだったと思います。来年もまた参戦したいですね。

おまけ:遅めの昼食はトリキバーガーで

休憩もなしでずっと撮影していたので、さすがにお腹が空きました。

ビッグサイトの中にも飲食スペースがありますが、混雑してそうだったので、外で食べることにしましょう。国際展示場駅駅から「りんかい線」に乗って「大井町駅」で降ります。

なぜかというと、最近話題の「トリキバーガー」1号店が大井町にあるんですよ。

オーダーしたのは、トリキバーガーセット 580円(税込)。ポテトとドリンク付きでリーズナブルなお値段。

ふるけん
ふるけん

サクサクのチキンとふんわり食感のバンズが絶妙で、とてもおいしいです! ポテトも、じゃがいもの味わいがしっかり感じられます。

しかも、このお値段で素材は国産100%。

これは話題になるのも納得。コスパの高さを感じましたね。

ちなみに最近、2号店が渋谷・井の頭通りにできたようです。店内の雰囲気も落ち着いていて、サービスレベルも十分なので、これからどんどん広がっていきそうな気配がします。