比叡山・嵐山・鯖街道を走る。京都・滋賀の古刹と絶景を巡るバイクツーリング

比叡山・嵐山・鯖街道を走る。京都・滋賀の古刹と絶景を巡るバイクツーリング

ふるけん
ふるけん

2022年GW、6日間のツーリングで関西一周を達成。ライダーなら一度は走りたい、絶景ロードをたくさん巡りました。そんな一生忘れられない感動の連続を、デジタル一眼で撮影した高精細な写真とともにレポート。モデルルートとしてツーリング企画に役立ててくださいね。

旅の初日となる1日目では、世界遺産の「比叡山」や京都の名勝「嵐山」などを巡ります。

京都市内の老舗レストランで絶品グルメを堪能しますよ(オススメ店を紹介)。

それでは、関西を周遊する絶景ツーリング紀行のはじまりです。

絶景ロード「比叡山ドライブウェイ」を走る

まずやってきたのは、観光有料道路「比叡山ドライブウェイ」。歴史的な地を駆け上がりながら、絶景の山岳ワインディングを楽しめる道です。

田の谷峠料金所~比叡山頂を走行

料金は区間制で、二輪車は580~1,680円。南側の田の谷峠料金所から比叡山頂まで、1,160円を支払いました。

ちなみに、比叡山頂から北側の仰木料金所までは、「奥比叡ドライブウェイ」という別コースとなります。

ふるけん
ふるけん

バイクの走行に少し制約があるので、注意が必要です(下記メモ)。

MEMO

全線で125CC以下のバイクは走行禁止。奥比叡ドライブウェイのみ、バイクは日・祝・休日の走行禁止。

美しい青モミジと新緑のシャワーが最高

道沿いにはモミジなどが植樹されていて、新緑や紅葉の季節には美しい景色を楽しめます。

こんな感じで、ちょうど新緑の時期だったので青モミジが素晴らしいです。

陽光に照らされた新緑が輝いていて、本当にきれいですね。

ふるけん
ふるけん

新緑のシャワーを浴びているような、爽やかな気分になります。紅葉の季節も絶対きれいだろうなあ。

大津・京都市街の絶景を展望

しばらく走ると、山頂に到着。展望台から見下ろせば、京都市街~大阪方面を一望できます。

ふるけん
ふるけん

盆地の地形がよくわかる、素晴らしい絶景ですね。

さらに、夢見が丘展望台からは琵琶湖と大津市街を一望できます。

ふるけん
ふるけん

さすが日本一の大きさを誇る琵琶湖。こうして見るとその大きさがわかります。

夢見が丘展望台は夜景スポットとしても有名なようで、夕方に訪れてもいいかもしれませんね。

世界遺産の比叡山延暦寺を観光

せっかくなので、世界遺産の延暦寺に行ってみることにします。仏教についてはよく知りませんが、かつて日本史の授業で習った、あの「最澄」が開いた天台宗の総本山とのこと。

ふるけん
ふるけん

天台宗の最澄、真言宗の空海。「てんさいしんくうパック」で覚えてたなあ。

境内には神聖な雰囲気が漂っていて、建物なども威厳があります。

爽やかなモミジのトンネルをくぐりながら、寺院へと向かう。

ふるけん
ふるけん

自然の中で心が浄化されていくような感じがします…

巡拝料として1,000円かかりますが、比叡山を走るならあわせて参拝しておくのがおすすめ。

参拝の後、折り返し走行で田の谷峠料金所まで戻り、次なる目的地へと向かいます。

絶景ロード「嵐山高雄パークウェイ」を走る

続いてやってきたのは、京都の名勝「嵐山」。

ふるけん
ふるけん

ちなみに読みは「あらしやま」。首都圏の人は嵐山PAの「らんざん」のほうがなじみがあるので、間違えないように注意。

走りも景色も人気の有料道路

嵐山高雄パークウェイは、走りも景色も楽しめる観光有料道路。紅葉の名所としても有名です。

高雄料金所で通行料を支払います。二輪車は850円。

ふるけん
ふるけん

現金以外にも、カード払いができるのが便利でしたね。

MEMO

バイクは土・日・祝は走行禁止なので注意。

爽快なモミジのトンネルを駆け抜ける

新緑の季節なので、ここでも美しい青モミジを見ることができました。

こんな感じで、木漏れ日と緑のシャワーを浴びながら、気持ちよく流していきます。

特に、菖蒲谷池の北側にあるロングストレートではハイライトが待ち受けます。

道路に覆いかぶさるような、長いモミジのトンネルを駆け抜けていきます。

ふるけん
ふるけん

新緑のモミジを堪能しながら、長い坂道を下る。最高ですね…!

さて、朝から有料道路を2本走り、満足感が高まったところで昼食タイムとしましょう。

そういえば嵐山に向かう途中、京都市街を抜けていた時に「賀茂川」を見ました。

ふるけん
ふるけん

水がきれいです。市街地からこんな自然風景を楽しめるなんて、風情ありますね。

昼食:京都市内の老舗レストランで名物料理

京都市街から鯖街道の一つ「周山街道(国道162号)」を北上する途中、老舗レストランを見つけました。

「京都若狭路レストラン ゆげ」

名物料理のソースカツ丼を食べます。注文した「ソースカツ御前」は税込1,000円。

このとおり、カツもごはんもボリュームたっぷり。並盛りでも十分なサイズです。

店内販売もされているオリジナルソースが3種ついてきて、味変も可能。

ふるけん
ふるけん

肉は薄切り、衣は厚めのカリカリ食感。ハマると病みつきになりそうな味わいですね。

お腹いっぱいになったところで、さらに北上を続けます。

美山かやぶきの里を観光

途中、周山街道を外れて「美山 かやぶきの里」に立ち寄ります。

こんな感じで、人里離れた山中にかやぶき屋根の民家が立ち並んでいます。

ふるけん
ふるけん

里の暮らしと日本の原風景がいまなお残る、貴重な場所ですね。

自由に観光できるようですが、実際に生活している集落のため、住民の迷惑にならないよう配慮が必要です。

MEMO

駐車場に協力金と題した集金ポストがあり、自らお金を支払うシステムになっています。バイクは1台200円(クルマ500円)なので、小銭を準備しておきましょう。おつりは出ません。

周山街道を北上して舞鶴・京丹後方面へ

周山街道に復帰し、舞鶴方面へと向かいます。

舞鶴赤れんがパークを観光

途中、「舞鶴赤れんがパーク」を見つけました。

舞鶴といえば、軍港で有名ですよね。れんが造りの倉庫に歴史を感じますね。

ふるけん
ふるけん

中を覗いてみると、改装されてお洒落なショップなどが入っていましたよ。

夕日に照らされる赤れんが倉庫がいい感じですね。

京丹後市のホテルに宿泊

若狭湾沿いを西に進みながら、京丹後市を目指します。

こうして豊かな自然の中を走りながら、日没と同時に京丹後市内のホテルに到着。

ふるけん
ふるけん

考えてみれば、京都府の南から北まで、1日で南北を縦断したことになります。

1日目の走行距離: 294km

つづく


ツーリングマップル 関西2022
ライダーなら1冊は持っておきたい定番マップの関西エリア版。ベテランライダーによる実走取材で毎年、信頼度の高い最新情報にアップデートされています。おすすめルートは地図上でマーカーが引かれているので、走るべき道がすぐにわかります。主要な観光スポットをはじめ、道の駅や食事処、桜・紅葉スポットなども掲載されているので、これ一つで旅の企画とツーリングの幅がぐっと広がりますよ。

次の記事

絶景の山陰海岸ジオパークを走る。兵庫・京都の海岸美と奇勝を巡るバイクツーリング 絶景の山陰海岸ジオパークを走る。兵庫・京都の海岸美と奇勝を巡るバイクツーリング