洞爺湖・支笏湖・樽前国道を走る。北海道上陸→道南の巨大カルデラ湖キャンプ場を目指すバイクツーリング

洞爺湖・支笏湖・樽前国道を走る。北海道上陸→道南の絶景を巡るバイクツーリング

ふるけん
ふるけん

2022年 夏、7日間の北海道ツーリングを達成。ライダーが一度は走るべき、絶景ロードをたくさん巡りました。そんな感動ツーリングの様子を、デジタル一眼の高精細写真で詳細レポート。旅のモデルルートとして、あなたの企画に役立ててください。

旅の初日は、苫小牧港に上陸後、「支笏湖」や「洞爺湖」といった巨大カルデラ湖を巡ります。

周辺で外せない定番のグルメスポットも紹介しますよ(オススメ店)。

それでは、絶景の北海道ツーリングをはじめましょう。

苫小牧港に上陸!

やって来ました、北海道。今回は2年前と同じく、太平洋フェリーに乗って仙台港→苫小牧港と移動。

厚めの雲が空を覆っていて、どんよりとした空模様です。

ふるけん
ふるけん

初日から快晴とはいかないか…

港を離れ、まずは北西に向かいます。

樽前国道(R276)を走る

港から少し走ると、市街地を抜けてすぐに北海道らしい道があらわれます。

支笏湖方面に向かって真っすぐにのびる樽前国道(たるまえこくどう)。

ふるけん
ふるけん

森の中を突っ切る、気持ちのよい直線路。

ちなみに上の写真、今回の旅で新調した望遠レンズを使って、長~いストレートを切り取りました。

後半の日程では美瑛や富良野もまわる予定なので、直線路を撮影するのが楽しみです。

ふるけん
ふるけん

北海道といえば、やっぱり真っすぐな道。

支笏湖畔を周遊する絶景ロードを走る

支笏湖(しこつこ)に到着。湖畔をゆったりと流れるように走ります。

この巨大カルデラ湖の水深は363mもあるそうで、国内第2位の深さだそうです。カルデラ湖としても、国内で2番目の大きさ。

ふるけん
ふるけん

深すぎて想像できない。

水のアクティビティが盛んで、パドルボートを楽しんでいる人が多いです。

写真ではよくわかりませんが、水の透明度がかなり高い湖です。

ふるけん
ふるけん

青い空が見たい…!

支笏湖を西に向かっていると、地元で人気の食事処を発見!

お腹も空いてきたので、ここで昼食をとります。

昼食:キノコ好き必食!「きのこ王国」で名物ご飯をいただく

やって来たのは、「きのこ王国」。

その名のとおり、きのこ料理に特化したお店です。特に、名物の「きのこ汁」は行列ができるほどの大人気。

ふるけん
ふるけん

週末のこの日も店内は大盛況。

そんなお店で僕がオーダーしたのは、「のりきのこ汁」と「きのこ炊き込みご飯」。

キノコとノリのうま味がたっぷりと染み出した味噌汁と、きのこの風味が素晴らしい炊き込みご飯が相性抜群で、最高に美味しいですね。

見てください、このツヤツヤで旨そうなご飯を。とても美味しいので、ペロリとたいらげてしまいました。

ふるけん
ふるけん

秒で完食。

ちなみに、備え付けのイートインスペース(店内・テラス席)で食べられます。

ふるけん
ふるけん

きのこの天ぷらなども美味しい。

お腹も満たされたところで、次の目的地へと向かいましょう。

洞爺湖畔を周遊する絶景ロードを走る

続いてやって来たのは、本日の最終目的地となる洞爺湖(とうやこ)。

支笏湖に次いで、国内で3番目に大きいカルデラ湖です。

ふるけん
ふるけん

ぐるりと1周するにはそれなりに時間がかかる。

サイロ展望台から洞爺湖を一望

洞爺湖畔にはいくつか展望台がありますが、湖を一望できる「サイロ展望台」に行ってみます。

こんな感じで、洞爺湖を一望する開放的なパノラマを楽しめます。

また、ヘリに乗って上空から洞爺湖を見下ろす「スカイクルージング」も見どころ。

ふるけん
ふるけん

短時間ながらもヘリでの空中散歩は格別!

壮瞥公園からの展望も良好

洞爺湖の南側にある壮瞥公園(そうべつこうえん)にやって来ました。ここからも開放的な景色を楽しめます。

展望台からは、巨大カルデラ湖を見渡せる大パノラマ。

展望台までの道が狭く、頂上の駐車場は砂利になっているので、バイクは少し注意が必要。

ふるけん
ふるけん

この景色は一見の価値あり。

だいぶ日も傾いてきたので、キャンプ場に向かいましょう。

仲洞爺キャンプ場でテント泊

雨の心配もなさそうなので、湖畔にある仲洞爺キャンプ場に宿泊することにします。

木々に囲まれた湖畔のサイトで、上質なキャンプが楽しめそうです。

湖のすぐそばのエリアはすでに陣取られていたので、少し離れた場所に設営。

ふるけん
ふるけん

サクッと設営してキャンプ飯にする。

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用
コールマンのソロキャンプ用テント。手頃なお値段と機能的なシンプル設計が特徴。ライダーからの人気も高く、キャンプツーリングの定番テントの一つ。コンパクトながらもゆとりのある前室を備えていて、キャンツー入門者におすすめの高コスパな一品。

自炊キャンプ飯

今晩のキャンプ飯は、トマトソースパスタとボイルドソーセージ。

ふるけん
ふるけん

いつものクッカーで手軽に調理。

ドリンクは、セイコーマート(セコマ)で買えるいつもの「パームビール」。北海道でキャンプ飯するなら、やっぱりこれ。

ふるけん
ふるけん

手頃な価格で美味しいエールビール。

自然の中で食べる食事は最高に旨い。これもキャンツーの醍醐味のひとつ。

snow peak コッへル・クッカーセット トレック 1400ml
信頼の国内メーカー「スノーピーク」製の定番クッカー。使いやすさに徹底的にこだわって設計され、余計な装飾のないシンプルな作りです。これ一つで炊飯、パスタ、ラーメン、スープまで何でもこなせる万能品。コンパクトな円筒形なので、キャンプツーリングでもかさばらないのが嬉しく、まさにライダーにぴったりのキャンプ用品。

夕景と星空、花火が美しい湖畔のキャンプ場

仲洞爺キャンプ場は洞爺湖の東側にあるので、サイトからは美しい夕日を楽しめます。

柔らかな木漏れ日を身に受けつつ、世界がオレンジに染まっていくのをじっと見守る。

ふるけん
ふるけん

とても上質な時間。

BGMは湖の静かな波音。1日の終わりを告げる夕日が沈んでいくのを、ただぼーっと眺める。

ふるけん
ふるけん

素晴らしい瞬間。

そして、夜は更けていく…

太陽が沈んだ後も、洞爺湖ではまだまだ絶景を楽しめます。その一つが、満点の星空の夜景。

写真では伝えきれないほど、きれいな星空が広がっています。

また、夏季は花火が毎日打ち上げられるので、花火の夜景も楽しめます。

ただ、花火は西側で上がるので、反対にあるここからはあまりよく見えません。

ふるけん
ふるけん

ドーンという音は響いてくる。

そうこうしてるうちに夜が更けたので、本日はここで就寝。

初日はフェリー下船もあったので、軽めの走行となりました。

ふるけん
ふるけん

明日はバリバリ走る。

1日目の走行距離: 200km

つづく


ツーリングマップル 北海道2022
北海道を訪れる全ライダー必携の書。ツーリングマップルがなければ、北海道ツーリングの楽しみは半減してしまうと言っても過言ではありません。あなたが走るべき道は、すべてここに載っています。北海道を走っていると、スマホの電波が入らない場所がありますが、これがあればそんな時でも安心してツーリングを楽しめます。

次の記事