ひむか神話街道(絶景ロード100選 No.097)

ひむか神話街道(絶景ロード100選 No.097)

巨大アーチ橋を何本も超え、日本神話の土地を駆ける

No.097: Himuka Mythology Road [宮崎]

ツーリング風景写真と見どころ

神話の土地「高千穂」に向かう国道218号は「ひむか神話街道」と呼ばれる。山肌からモクモクと霧が立ち上り、その名にふさわしい神秘的な雰囲気が漂う。

国道は五ヶ瀬川(ごかせがわ)の深い谷に沿って走るので、途中で巨大な橋をいくつも通ることになる。高さ100mを超える橋が、200基以上もあるという。

有名観光地の「高千穂峡」に流れる「真名井の滝(まないのたき」。高さ80〜100mの断崖が7kmにもわたって続く大渓谷だ。

五ヶ瀬川に架かる「天翔大橋(てんしょうおおはし)」を国道から眺める。アーチスパン260m・高さ143mは、コンクリート橋としては日本一の規模を誇る。

日之影川に架かる「青雲橋(せいうんばし)」。10年以上の月日をかけて建設された巨大な橋で、天翔大橋ができるまでは「東洋一のアーチ橋」と謳われていた。

基本情報

ひむか神話街道は、日本神話の舞台となった高千穂を通過する観光ルートで、国道218号の愛称。五ヶ瀬川に沿って延びる道には、いくつもの巨大アーチ橋が架かっていて、高さ100m以上もある深い峡谷を超えていく。ルート上には有名観光地の高千穂峡があり、日本の滝100選に選ばれた真名井の滝を見ることができる。九州山地を走る道から人里を眺めれば、神話の土地で暮らす人々の営みが感じられる。その風景は、自然とともにある「日本のふるさと」を思い起こさせてくれる。

補足情報

ロードMEMO

おすすめ時期 1年中楽しめる。晴れもいいが、曇りや雨の日には神秘的な雰囲気が一層増す。

バイク通行 OK
自転車通行 OK
冬季閉鎖 なし
駐車場 国道沿いには、道の駅やドライブインがある。
アクセス 延岡から高千穂峡までは約45分。

アクセス情報

地図情報(マップ)

ツーリングレポート

九州の絶景ロードをぜんぶ見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です