仁田峠循環道路(絶景ロード100選 No.094)

仁田峠循環道路(絶景ロード100選 No.095)

大迫力の平成新山が目前に迫る

No.094: Nita Pass [長崎]

ツーリング風景写真と見どころ

島原半島を一望する展望のよい道が、仁田峠循環道路。1周で約8kmと距離は短い。一方通行の細い道を行くので、スピードは出せない。

第二展望所付近で最大の見どころが訪れる。目の前に平成新山(雲仙普賢岳)が迫り、大迫力の展望を楽しめる。

仁田峠の近くにある雲仙千々石線(うんぜんちぢわせん)は、通称ドラゴンロードと呼ばれる。文字通り、まるで龍がうねったような連続ヘアピンを駆けて行く。

雲仙温泉を代表する名所の雲仙地獄。轟々と噴きだす蒸気と硫黄の香りが周囲に立ち込める様は、まさに地獄そのもの。

南串山の棚畑の風景。斜面一帯に段々畑が広がる絶景を眺めることができ、平地の少ない長崎らしい地形を実感できる。

基本情報

仁田峠循環道路は、元有料道路で全長約8kmの展望のよい観光道路。道が細くスピードは出せないので、のんびり景色を楽しむのがよい。また、国内でも珍しい左回りの一方通行となっている。島原半島を一望でき、海と山の大展望を楽しめる。特に第二展望所からの眺めが素晴らしく、最大の見どころとなる。東を向けば眼下に有明海・島原湾を、北を向けば眼前に平成新山を望む。1991年からの一連の噴火活動で生まれた、日本で最も新しいこの山は、大迫力で荒々しい景色を見せてくれる。その先にある仁田峠は標高約1,080mの場所にあり、ロープウェイが発着する雲仙普賢岳の5合目となっている。周辺には雲仙千々石線(通称ドラゴンロード)があり、こちらでは連続ヘアピンを駆け上がる豪快な走りを楽しめる。その他にも、雲仙地獄や南串山の棚畑(段々畑)など、独特の絶景を楽しめる場所があるので、あわせて観光するのがおすすめだ。

補足情報

ロードMEMO

おすすめ時期 1年中楽しめる。空気の澄んだ秋・冬の日は島原湾の展望が素晴らしい。

バイク通行 OK
自転車通行 OK
冬季閉鎖 なし。夜間は閉鎖。

通行料金 なし。ただし協力金として入口で100円を求められる。
駐車場 第一・第二展望所に駐車場がある。
アクセス 最寄りの「諫早(いさはや)」ICから、仁田峠入口までは約1時間。口之津港から同所までは約35分。

アクセス情報

地図情報(マップ)

ツーリングレポート

九州の絶景ロードをぜんぶ見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です