桜島展望道路(絶景ロード100選 No.099)

桜島展望道路(絶景ロード100選 No.099)

日本一活発な火山に向かって溶岩地帯を突き進む

No.099: Sakurajima Road [鹿児島]

ツーリング風景写真と見どころ

鹿児島市街地から海を挟んで、わずか4kmの場所にある桜島。同市街地からのアクセスはフェリーで15分。

鹿児島のシンボル・桜島は、日本で最も噴火活動が盛んな火山。道路脇には当たり前のように溶岩が転がっている。

雄大な桜島を視界いっぱいに捉える、大迫力のストレート道。火山灰が降り積もるせいか、道路は茶色を帯びている。

標高373mの湯之平展望所から、最高峰の北岳を眺める。錦江湾超しに鹿児島市街も一望できる。

実は大隅半島と陸続きになっている桜島。南東にある垂水市方面から、荒々しい山肌を眺める。

基本情報

錦江湾に浮かぶ鹿児島のシンボル・桜島(さくらじま)は、日本一噴火活動が盛んな火山。鹿児島市街地から海を挟んでわずか4kmの場所に、この生きた火山がある。桜島フェリーに乗って15分の短い船旅を楽しむところから、この道への旅は始まっている。桜島港から国道224号を進むと、早くも桜島の山容が見えてくる。道路脇にふと目をやれば、ゴツゴツとした大きな溶岩が無造作に転がっていて、非日常感が満載だ。国道から分岐して湯之平(ゆのひら)展望所へと進む道は、桜島展望道路と呼ばれる。溶岩地帯を突き進むこの道では、雄大な桜島の眺めを楽しめる。平均勾配5.9%の坂道を駆け上がる豪快なワインディングを進むと、やがて最大の見どころが訪れる。目の前に桜島が迫ってくるかのような、大迫力のストレート道だ。大興奮必至で、思わず叫びだしたくなるほど。その先にある終点の展望所からは、最高峰・北岳(標高1,117m)や噴煙を上げる荒々しい南岳を望む。火山大国・日本の中で、最も火山を身近に感じられる「道」と言ってよいだろう。

補足情報

ロードMEMO

おすすめ時期 1年中楽しめる。桜島の噴火活動に関する情報には注意したい。

バイク通行 OK
自転車通行 OK
冬季閉鎖 なし。
駐車場 湯之平展望所に駐車場がある。
アクセス 桜島港から道路入口まで約5分。ここから、溶岩地帯を突き進む約6kmの非日常体験を楽しめる。

アクセス情報

地図情報(マップ)

ツーリングレポート

九州の絶景ロードをぜんぶ見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です