三瓶アイリスライン(三瓶山高原道路)-絶景ロード100選No.072

三瓶アイリスライン(三瓶山高原道路)-バイクで巡る絶景道(日本百名道No.072)

三瓶山の雄姿を望みながら麓を周遊する

No.072: Sanbe Iris Line [島根]

ツーリング風景写真と見どころ

三瓶アイリスライン(三瓶山高原道路)

西の原から眺める男三瓶山。山陰では貴重な高原ドライブルートとなっている。

男三瓶山(左)と子三瓶山(右)を望む。

草原地帯を貫く爽快な道。西の原に出ると一気に視界が開け、最高の気分を味わえる。

草原が緑に染まる新緑の春。鮮やかな緑と華やかなピンクのコントラストが美しい。

三瓶アイリスラインの基本情報

島根県の中央部にそびえる標高1,126mの三瓶山(さんべさん)は、山陰地方でも珍しい活火山で、盛り上がったこぶのような見た目が特徴的な鐘状火山。この三瓶山の麓をぐるりと周遊する約16kmのツーリングルートが、三瓶アイリスライン。距離は短めだが、景色の変化があるので走りの満足感は高いだろう。特に西の原の眺めが絶景で、視界を遮るものがない草原の奥に、三瓶山の力強い雄姿を望むことができる。周遊ルートは全体的に走りやすい線形だが、北の原へ向かう道にはヘアピンカーブもあり、軽快な走りを楽しめる。全線において片側1車線で走りやすい。

三瓶アイリスラインの補足情報

ロードMEMO
おすすめ時期 新緑の春から夏がおすすめ。
バイク通行 OK
自転車通行 OK
冬季閉鎖 あり。例年12月頃から3月頃は冬季閉鎖となる。
駐車場 西の原に広い駐車場があり、ゆっくり景色を楽しめる。
アクセス 山陰自動車道「大田中央三瓶山」ICから西の原まで約20分。
この道を楽しむヒント

この道のいちばんの見どころは、やはり西の原からの展望だろう。人の少ない早朝に訪れたくなる気持ちもわかるが、景色を楽しむなら逆光になるのを避けるために、正午前後がおすすめだ。もしくは、早朝から登山やハイキングを楽しんだ後に、西の原から展望するなどの楽しみ方もよい。

三瓶アイリスラインのアクセス情報

地図情報(マップ)

三瓶アイリスラインのツーリングレポート

中国の絶景ロードをぜんぶ見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です