バイク初心者が揃えるべきものリスト完全版!必需品から便利な物まで網羅的に紹介

バイク初心者に必要なものが一目でわかる!リストから重要度順に買いそろえよう【まとめ】

バイクの乗り始めには何をどこまでそろえればいいの? いろいろあり過ぎて本当に必要なものが何かわからない…

こんなお悩みを解決します。

バイクはクルマと違って、ヘルメットやプロテクター等の安全装備が必須の乗り物。それ以外にも、雨風をしのぐ装備や荷物を積載する道具など、いろいろなものが必要です。

考えることがたくさんあって、何から手を付けるべきか特に初心者は悩んでしまいますよね。実際、ハードルが高く感じられて、途中で諦めてしまう人もいるようです。

そこでこの記事では、本当に必要なものが何なのか簡単にわかるように、必需品からあると便利な物まで網羅的に紹介していきます

初心者はもちろん、すでにバイクに乗っている人にも参考になるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

無いと困る必需品」「あったら便利なもの」の区別がつき、自分が何を買えばよいかわかるようになりますよ

ふるけん
ふるけん

この記事を書いている僕は、バイク歴10年超のライダー。週末や連休を中心に、日本全国をツーリングしています。そんな僕のリアルな経験をもとに、お役立ち情報をお伝えしますよ。

【基本装備】バイクに乗るとき絶対必要な7アイテム

「基本装備」や「セキュリティグッズ」など、いくつかのカテゴリーに分けたうえで紹介していきますね。

まずは、バイクに乗るときに必ず身につけるべき基本装備からです。重要度としては、すべて「無いと困る必需品」です。

一式そろえるにはある程度予算が必要ですが、日ごろから身につけるものなので、ケチらずになるべくいいものをそろえるべきです。優先的に費用を投下していきましょう。

ヘルメット

★★★:無いと困る必需品

ヘルメット選びのコツは、次の3つの重要ポイントを押さえることです。

  1. 命に直結する安全性・規格を最重要視する
  2. 試着して自分の頭に合ったサイズを選択する
  3. 車両タイプ・カラーに合わせて一体感を演出する

デザイン性や見た目のカッコよさ・可愛さ等ももちろん重要ですが、ヘルメットは命を守るための安全装備なので、最重要視すべきは安全性

JIS規格、SNELL規格、FMJ公認など、一定の安全性を担保する規格が定められているので、これらの規格をしっかりクリアしたものを選びましょう。詳しくは、以下の関連記事を参考にしてくださいね。

特にOGK KABUTOのヘルメットは、他メーカーよりも費用が抑えられていてエントリーモデルにぴったりです。それでいてデザイン性や機能も高いので、非常にコスパが高い優れモノ。

OGK KABUTO AEROBLADE5
超軽量と安全性を両立したOGKの人気モデル。空気抵抗を軽減するフォルムで疲れにくく、ツーリング利用に最適。それでいて価格がリーズナブルなので、コストパフォーマンスが非常に高い傑作。JIS規格をクリア。
ふるけん
ふるけん

ヘルメット選びは意外と奥が深いので、特に初心者は失敗しないポイントを押さえることが重要ですよ。

ライディングジャケット

★★★:無いと困る必需品

ライディングジャケットは、バイク専用につくられたジャケットのことです。普通のジャケットと何が違うかというと、「繊維素材」や「安全性」

走行風でバタつきにくく、転んでも破れにくい繊維でつくられています。特に高速道路を走るときなどは、ライディングジャケットがあるかどうかで、運転の快適性に雲泥の差が生じます。

いろいろあって迷いやすいですが、季節ごとの寒暖の差に対応できるよう、次の2着をそろえておくのがおすすめ

  • 主に夏用:通気性がよく涼しい「メッシュジャケット
  • 春秋冬用:防風・防寒性の高い「3シーズンジャケット
KOMINE メッシュパーカ JK-114
通気性がよく涼しいので、真夏でも熱中症にならずにバイクに乗れます。どんなバイクにも合わせやすいテキスタイルとメッシュのパーカ。フードは着脱可能です。
KOMINE プロテクトソフトシェルウインターパーカ JK-579
防風・防寒性が高く、春秋冬に使える3シーズンジャケット。保温インナーとベンチレーション付き。アウトドアスタイルを取り入れたデザイン性の高さも魅力です。安心のハードプロテクター、取り外し可能フードと機能も充実。

また、プロテクターも装備できるようになっていて、ツーリングを楽しむために特化したジャケットです。やはり専用のものを着用したほうが、見た目もカッコイイですよね。

ふるけん
ふるけん

高速で袖などをバタつかせながら走っている姿を見かけますが、あまりカッコイイものとは言えませんね。

ライディンググローブ(手袋)

★★★:無いと困る

走行中に身に着ける手袋が、「ライディンググローブ」です。

万が一の転倒から手を守ってくれるだけでなく、走行風や雨などからも保護してくれる必須装備です

グローブ選びのポイントは、ジャケットと同じく季節に合わせて次の2つをそろえること

  • 主に夏用:通気性がよく涼しい「メッシュグローブ
  • 春秋冬用:防風・防寒性の高い「3シーズングローブ
KOMINE スプリームプロテクトクーリングメッシュグローブ GK-244
通気性がよく真夏でも涼しいメッシュグローブ。コスパに優れるコミネのフラッグシップモデル。安全性も高く、ナックルガードとカーボンスライダーを装備。スマホ操作にも対応。
BORLENI 冬用バイクグローブ 防風・防寒・防水
【防寒&防風&生活防水】裏起毛で保温性が高く、春秋冬に使える防風防寒グローブ。低価格で入手しやすいのが最大のポイントです。ナックルガード装備。スマホ操作にも対応。
ふるけん
ふるけん

たまに素手で走行している人を見ますが、本当に危険ですよ。

着けずに事故にあうと、アスファルトで手が削られてしまい、一生モノの傷跡が手に残ってしまうので、必ず最初にそろえておきましょう。

ライディングシューズ/ブーツ

★★★:無いと困る必需品

バイク専用につくられたライディングシューズやブーツを身に着けると、乗車姿勢が安定するとともに、ペダル操作がしやすくなります

頑丈な素材で作られていて安全性も高く、万が一の転倒によるダメージを軽減してくれますよ。

ふるけん
ふるけん

教習所でも言われますが、くるぶしまで覆われた靴でないと危険です。

主にスニーカーとブーツの2タイプがあります。基本的には、街乗り等のシティユース中心であれば身軽なスニーカー、ツーリング中心であればブーツがおすすめです

プロテクター

★★★:無いと困る

これからバイクをはじめる人には、必ず入手してほしい安全グッズです。

事故や転倒によるダメージを軽減し、生存率を高めてくれます

胸・背中・肩・肘・膝など、体の部位別に用意されています。前述のジャッケットと一体型で身に着けるタイプ、独立して身に着けるタイプがあります。

体がむき出しのまま乗るバイクでは、事故は大ケガや死に直結します。プロテクターは命を守る保険なので、必ず入手しましょう。

ふるけん
ふるけん

実は僕も、学生時代はTシャツ1枚でバイクに乗ってましたが、今考えるとゾッとします…

ツーリングはもちろん、通勤・通学であっても身に着けてほしい最重要グッズです

レインスーツ(雨合羽)

★★★:無いと困る

走行中の雨は、ライダーにとって大敵です

そんな雨から身を守ってくれるのが、バイク用レインスーツ

バイクをはじめると、いろいろな場所をツーリングするようになります。そして旅先では、雨に降られる時がいつか必ずやって来ます。

レインスーツがなければ、走行風と雨で体が冷えて、まともに運転できなくなります。一着だけでいいので、必ず買っておきましょう。

ふるけん
ふるけん

僕はいつもツーリングバッグにレインスーツを忍ばせていますよ。

標高の高いところや季節の変わり目の寒さ対策にも役立つので、雨の日以外でも使うことになります

【セキュリティ】盗難・イタズラを防ぐのに必要な3アイテム

バイクカバー

★★:あると安心・便利

バイクカバーは、雨風から車体を保護してくれて、盗難リスクも軽減してくれるセキュリティグッズです

特に屋外で青空駐車している場合、必ず使用すべきグッズです。

また、サビや湿気から愛車を守ってくれるので、バイクの寿命が伸びます。

ふるけん
ふるけん

新車の場合には必須で手に入れたいですね。

チェーンロック

★★:あると安心・便利

チェーンロックは、盗難リスクを下げるセキュリティグッズです

カギ付きの駐車場がある人を除いて、ぜひ入手しておきたいですね。

ディスクロック

★★:あると安心・便利

ディスクロックは、ツーリング先にも持っていける携帯可能なセキュリティグッズです

振動を感知してアラームが鳴るタイプもあり、盗難対策に役立ちます。

ふるけん
ふるけん

僕はツーリングバッグに忍ばせておき、旅先のホテルなどで使用しますね。

駐車場

★★★:無いと困る

グッズではないですが、必ず必要なものなので取り上げました。

特に都市部の集合住宅に住んでいると、自宅とは別の場所に駐車場を探さなければならないケースが多いです

ふるけん
ふるけん

東京に住んでいる僕も、駐車場探しには苦労しました…

自宅にバイクが停められるのか、自分が欲しいサイズのバイクが駐車可能か、事前に必ず確認しておきましょう。

【ツーリング】旅が捗る!あると便利な6アイテム

それでは、一つずつ解説していきますね。

スマホホルダー

★★:あると安心・便利

スマホをナビ代わりとして使うのに必要なのが、スマホホルダー。

バイクのハンドル周辺に装着して、運転中にマップやルートを確認できるようにします

ふるけん
ふるけん

ツーリング好きのライダーはほぼ100%装備している、便利グッズですよ。

専用ナビを装備したバイクを除き、ぜひ入手しておきたいですね。

USB電源

★★:あると安心・便利

もはやツーリングに欠かせない便利アイテムになった、USB電源。

バイクで走行しながら、ナビ使用中のスマホへの給電、アクションカメラやその他の小型機器への給電が可能です。

2口つけるとバッテリーへの負担が大きくなるので、まずは1口だけ装備するのがポイントです

デイトナ バイク用 USB電源 5V/2.1A バッテリー接続
シンプルでコスパの高いUSB電源。バッテリー接続で初心者でも簡単に取り付け可能です。安心の国内メーカー・デイトナ製の定番商品。フタ付きで防水設計なのも嬉しいポイント。

ツーリングバッグ

★★:あると安心・便利

バイクツーリングする時に、いろいろなものを積載できるツーリングバッグ

ケースを標準装備したモデルを除き、積載性の低さがバイクの弱点

ツーリングに行くなら、ぜひ入手しておきましょう。

ふるけん
ふるけん

レインスーツや衣類・洗面具等の宿泊セット、水筒、ディスクロック、フクピカ、ツーリングマップルなど、いろいろ積載できますよ。

ツーリング用地図(マップ)

★★:あると安心・便利

ツーリング用の地図の言えば、「ツーリングマップル」が定番です。ツーリング好きの多くが持っている、ライダーのために作られた専用地図(紙・電子両方あり)。

ツーリングスポットや観光名所、道路情報がわかりやすく記載されていて、旅の企画に役立ちますよ

関東・東北・中部など、7つのエリア別に発行されています。

ふるけん
ふるけん

全国を旅する僕は、各エリアのマップを持っていますよ。

毎年発行されているので、最新版を入手しておきましょう。

ETC車載器

★★:あると安心・便利

高速道路を走るのに便利なのが、ETC車載器。

料金所でいちいち停車して現金を取り出す必要がないので、ツーリングが捗る便利グッズです

ふるけん
ふるけん

お得な「ツーリングプラン」というETC割引も使えるようになりますよ。

主にツーリング目的で乗るのであれば、入手しておきましょう。

非常信号灯

★:個人の好み

非常信号灯は転倒や事故の際、後続車に非常事態を知らせる緊急グッズです

クルマには発煙筒が標準装備されていますが、バイクにはそうした装備がないので、自前で用意する必要があります。

ふるけん
ふるけん

もしもの時に備えて、お好みで準備しておきましょう。

【メンテナンス】バイクの維持に必要な6アイテム

空気圧チェッカー

★★:あると安心・便利

空気圧チェッカーは、タイヤの空気圧を簡単に確認できる便利グッズです。

サイズも小さく携帯に便利なので、常にバッグに忍ばせておけます

ふるけん
ふるけん

2~3週間程度に1回必要な空気圧チェックが、どこでも簡単にできますよ。

フクピカ

★★:あると安心・便利

フクピカは、サッと拭くだけでバイクをきれいに掃除できる便利グッズです。

いつでも水無し洗車ができるので、ツーリング先でも簡単にバイクをきれいに保てます

ふるけん
ふるけん

バイクを撮影する前に、サッと拭いておけば、カッコよく写真が撮れますよ。

洗車道具

★★★:無いと困る

バイクに乗っていれば、雨や泥、ホコリなどで少しずつ車体が汚れていきます

洗車してくれるサービスもありますが、やはり自分のバイクは自分でキレイにできたほうがいいですよね。

ふるけん
ふるけん

乗り方や頻度にもよりますが、1~2か月に1回は洗車したほうがいいですよ。

必要な洗車道具は、洗剤・スポンジ・ブラシ・タオル・ワックスなどです。自宅での洗車が難しい場合は、数百円で利用できるセルフ洗車場などにバイクを持ち込みます。

チェーンオイル

★★★:無いと困る

ほとんどのバイクでは、自転車と同じようにチェーン駆動を採用しているので、定期的にドライブチェーンに注油する必要があります

注油頻度は、500~1,000km程度の走行につき1回です。自分で簡単にできる基本メンテナンスなので、必ずチェーンオイルを買っておきましょう。

ふるけん
ふるけん

注油をサボると、チェーンがサビだらけになって寿命が縮んでしまいますよ

エンジンオイル

★★:あると安心・便利

エンジンオイルも定期的なメンテナンスが必要な消耗品です。

3,000~4,000kmに1回の頻度で、オイル交換が必要です。必要な道具さえあれば自分で簡単にできる基本メンテナンスなので、ぜひできるようになったほうがいいですね

ふるけん
ふるけん

毎回ショップに持ち込むよりも安く済みますし、自分のバイクに詳しくなれますよ。

工具

★★:あると安心・便利

オイル交換等のメンテナンスや、カスタムをするのに必要なのが工具です。また、ツーリング先でのトラブルに応急処置するために必要です

バイク用の工具セットが販売されているので、ぜひ入手しておきたいですね。

ふるけん
ふるけん

本格的な整備はプロに任せればいいので、日常のセルフメンテに必要な最低限の工具だけ持っておくといいですよ。

【思い出】旅の記憶をカタチに残す!あると便利な3アイテム

デジタルカメラ(写真)

★★:あると安心・便利

カメラがあれば、ツーリング先での絶景をきれいに撮影したり、旅の思い出を写真に残したりすることができます

最近はスマホのカメラ性能もよくなり、「スマホで十分」と感じる人も多いと思いますが、一味違う特別な旅の思い出を残すには、やはりカメラが役立ちます。

ミラーレス一眼カメラなど、レンズ交換式のカメラでも軽量・コンパクトなモデルがあるので、ツーリングで簡単に持ち運べますよ。

ふるけん
ふるけん

僕もSONYのミラーレス一眼カメラを実際に使っています。このブログでもバイク旅の写真を公開していますよ。

リーズナブルな入門モデルもあるので、少しでも写真に興味がある人はぜひ入手しておきましょう。

アクションカメラ(動画)

★★:あると安心・便利

最近、バイク動画を撮影してYoutubeにアップする「モトブロガー」が人気を集めています。

動画撮影に必要なのが、アクションカメラと呼ばれる軽量・小型のスポーツ用カメラ。これをヘルメットに装着して、走行動画を録画したりします。

アクションカメラの中で最も人気なのが、「GoPro HERO」シリーズです。

ふるけん
ふるけん

GoProであなたも有名モトブロガーになれるかも!?

三脚

★:個人の好み

カメラを買う場合には、三脚もあると便利です。

タイマー設定で自撮りできたり、星空など特殊な状況で撮影できたりするので、写真のバリエーションが広がります

ふるけん
ふるけん

好みの世界ですが、カメラを買う場合にはぜひ入手しておきたいですね。

【保険】転ばぬ先の杖!事前に加入すべき保険3プラン

盗難保険

★:個人の好み

最後の頼みの綱。盗難保険に加入していれば、バイクを盗難されてしまった時に、保険会社が一定額を補償してくれます

普段の駐車場所や居住地域によって、盗難リスクは異なります。必要に応じて加入しましょう。

ふるけん
ふるけん

僕も新車購入の初年度は加入しましたよ。

任意保険(バイク保険)

★★★:無いと困る

バイクは乗り物である以上、交通事故のリスクがつきまといます。

万が一、人身・物損事故を起こしてしまった時、任意保険に加入していなければ、多額の賠償金を自己負担しなければなりません

ふるけん
ふるけん

保険料金をケチったばかりに、「高額の賠償金を抱えて自己破産してしまった…」なんて悲惨なケースも実際にありますよ。

自分の身を守るための保険です。バイクを走らせる前に、必ずバイク保険に加入しましょう。

ロードサービス

★★★:無いと困る

ツーリング先でのマシントラブルや事故の際、必ずお世話になるのがロードサービス。

数百キロの重さがあるバイクを自分で移動させることは不可能なので、レッカー車に引き取ってもらう必要があります。

ロードサービス加入のポイントは、距離が無制限でのレッカーサービスが受けられること

距離制限があると、超過分に対して追加料金が必要になります。旅先でトラブルに遭ってしまうと、思わぬ高額請求になってしまう可能性があります。

ふるけん
ふるけん

いつどこでトラブルに遭うのかわからないので、距離無制限は必須ですね。

参考:必要なものを揃えるべきタイミング

参考までに、「バイクに乗るのに必要なものを、いつまでにそろえるべきなのか?」についても触れておきますね。

基本的には、以下のプロセス図で示した「納車日」までに、各種必需品をそろえておけばOKです

免許取得

教習所や試験場で試験に合格し、免許証の交付を受ける。

売買契約

欲しいバイクを決めて、ショップ等で売買契約を締結する。

納車日

契約から1~3週間程度で車両が納車される。

バイクライフのスタート

納車日から、素敵なバイクライフがはじまる。

ふるけん
ふるけん

もちろん、免許取得と同時に買うなど早いに越したことはないですが、あまり焦る必要もないですよ。

まとめ:重要度別の必要なものチェックリストを公開

以上ここまで、バイク初心者がそろえるべきものを、必需品からあると便利な物まで網羅的に紹介してきました

最後に、必要なもの一式をチェックリストで確認しておきましょう。

重要度は★の多さで表していて、それぞれ以下のとおりです。

重要度の説明

★★★:超重要で必須。無いと困る。

★★ :結構重要。あると安心・便利。

★  :人によっては重要。個人の好みで選択。

これだけあれば、すぐにバイクに乗り始めることができ、きっと楽しくツーリングできますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ふるけん
ふるけん

素敵なバイクライフをスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です